白い肌はとても魅力的で、思わず見とれてしまいますよね。

また、昔に比べて紫外線量が増えている今、紫外線対策をするのは当たり前になってきています。

紫外線対策と言えば、肌に塗る日焼け止めを思い浮かべませんか?

でも、最近では飲むタイプの日焼け止めが販売されているんです!

この飲む日焼け止め、日焼け止めで肌荒れしてしまう人や、日焼け止めを塗れない目などの日焼け対策として注目されています。

飲む日焼け止めは、ニュートロックスサン系とフェーンブロック系の2タイプがあります。

ニュートロックスサンはシトラスとローズマリーから抽出した成分で、フェーンブロックはシダ植物から抽出した成分です。

日焼けは紫外線によって活性酵素が発生することによって引き起こります。

ですが、ニュートロックサンやフェーンブロックには抗酸化作用があるので、日焼けの原因となる活性酵素を取り除いてくれます。

つまり、飲む日焼け止めは、活性酵素を取り除く事で日焼けを防いでいるという訳です。

塗る日焼け止めと併用する事で、より日焼けから肌を守る事ができます。

では、飲む日焼け止めの成分や購入場所について、詳しくお話していきたいと思います。



飲む日焼け止めは海外のものと国産のものは何が違うの?

冒頭でも書いたように、飲む日焼け止めには、ニュートロックスサン系とフェーンブロック系の2タイプがあります。

国産の飲む日焼け止めは、シトラスとローズマリーから抽出した成分であるニュートロックスサンという成分が入っているものがほとんどです。

そして、外国産はシダ植物から抽出した成分であるフェーンブロックという成分が入っています。

飲む日焼け止めは2種類
  • 飲む日焼け止めには、ニュートロックスサン系とフェーンブロック系の2タイプ!
  • 国産は、シトラスとローズマリーから抽出した成分であるニュートロックスサン系がほとんど
  • 外国産は、シダ植物から抽出した成分であるフェーンブロック系が多い

どちらの成分にも抗酸化作用があり、日焼けの原因となる活性酵素の発生を取り除いてくれるので、日焼けを防ぐ事ができます。

また、細胞を保護し炎症を抑えてくれる効果もあるので、紫外線を浴びた後のアフターケアにもなってくれるんです。

このように、どちらも日焼けを防ぐ効果はありますが、効果の出る時間に違いがあるので注意してください。

効果の出る時間に違いがあるので注意!

ニュートロックスサン系

  • 飲んで25時間後から効果が出る
  • 続ける事で肌が紫外線に強くなる

フェーンブロック系

  • 飲んで30分後から効果が出る
  • 4~6時間効果が持続する

すぐに日焼けを防ぎたい場合は、効果が出るのが早いフェーンブロック系を使うといいです。

また、飲み忘れがちな人もフェーンブロック系がいいですね。

反対に、毎日飲み続けられて、日常的に日焼けを防ぎたい人は、ニュートロックスサン系をおすすめします。

飲む日焼け止めの選び方
  • すぐに日焼けを防ぎたい!飲み忘れがちな人・・・フェーンブロック系
  • 毎日継続して飲める。日常的に日焼けを防ぎたい!・・・ニュートロックスサン系

飲む日焼け止めを手に入れる方法 市販されている場所は?

飲むだけで日焼けを防いでくれるなんて、とっても便利ですよね。

あなたも、どこで買えるのか気になってきましたか?

「日焼け止めと言えばドラッグストアで買えるでしょ」と思い、早速行ってみました!

でも、近所の店には売っていなかったです・・・

調べてみると、ドラッグストアではほとんど売っておらず、売っていたとしても種類が少ないようです。

なので、確実に手に入れるためにはインターネットで買う事をおすすめします。

その時に、ちゃんと成分や生産国、メーカーをチェックするようにしましょう。

飲むタイプは、直接体内に入れる事になるので、安全性の高い商品を選ぶ事が大切です。

外国産のものは、日本で承認されていない成分が含まれている場合があるので注意しましょう。

また、飲む日焼け止めは皮膚科で処方してもらう事も可能です。

心配な人は、皮膚科に行ってみるといいですね。

飲む日焼け止めが肌を守るしくみと日焼け止めの成分のまとめ

飲む日焼け止めが、どうやって紫外線から肌を守ってくれているか分かっていただけたでしょうか?

飲む日焼け止めは、汗や水でとれることがない、塗り残しがない、目など日焼け止めが塗れない場所も守れる、肌が弱い人でも使えるなど、たくさんのいいところがあります。

飲む日焼け止めのメリット
  • 汗や水でとれることがない
  • 塗り残しがない
  • 目など日焼け止めが塗れない場所も守れる
  • 肌が弱い人でも使える など・・・

ですが、飲むタイプの日焼け止めだけだと、完全に紫外線を防ぐ事はできません。

塗るタイプの日焼け止めと併用する事でより効果が高くなりますので、一度試してみてはいかがでしょうか?