鉱物油をベビーマッサージに使うのはあり?鉱物油と植物油、それぞれの特長とおすすめポイント

ベビーマッサージは赤ちゃんのリラックス効果はもちろん、親子のスキンシップのツールにもなります。

ただしマッサージをするときには、摩擦を防ぐために必ずオイルを使用しなくてはいけません。

マッサージオイルは、鉱物油と植物油の2種類があります。

ベビーマッサージオイルも鉱物油と植物油のものがありますが、どちらを使えばいいのか迷ってしまいますね。
ここでは、鉱物油と植物油の特長やおすすめポイントをご紹介していきます。



鉱物油の特長とおすすめポイント

鉱物油の原料は石油ですが、石油そのものではなく蒸発させて精製し、残った蒸留成分が主成分となります。

この蒸留成分に、肌に良い成分や香料をブレンドしたものが鉱物油です。
鉱物油の特徴は、肌への浸透力が弱いので、少量で伸びがよく皮膜を作りやすいことです。

マッサージオイルの使用用途は、ただ保湿をするというだけではなく、マッサージによる摩擦を防ぐことが含まれます。
ですので、伸びが良いというのはマッサージに適している特長と言えますね。

精製された石油から作られるため、原価も安いことからコスパが良いというのも特長です。

おすすめポイントとしては、酸化しにくい性質を持っているので、アレルギー反応が出にくいことが挙げられます。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、例え無害な成分であっても、肌から浸透するとアレルギー症状が起こることがあります。
鉱物油はほぼ浸透せず、表面だけをカバーして肌を守るので、敏感肌の赤ちゃんにはおすすめです。

植物油の特長とおすすめポイント

植物油は名前の通り植物が原料で、実や種を絞って抽出される油です。
美容液やボディミルクなどに配合されている、ホホバオイルやシアバター、椿油、アルガンオイルなどが植物油です。

植物油の特長は、分子量が小さいので鉱物油と違い肌への浸透力が高いということです。

植物油に含まれるビタミンやミネラルなどが浸透すると、肌が持つダメージへの抵抗力や回復力などを強化できます。
赤ちゃんのお肌は未成熟でダメージの弱いので、植物油で肌の機能をサポートしてあげると健やかな肌を保てます。

鉱物油の場合、配合される化学成分が肌に刺激となることがあります。
ですが植物油は天然由来の成分で作られていますから、肌に優しいというところがおすすめポイントです。

鉱物油はベビーマッサージに良くないイメージがあるかもしれません。
ですが、それぞれの特長を見てみると、一概に鉱物油はNGというわけではないことが分かりますね。

特長とおすすめポイントをチェックして、赤ちゃんの肌の状態に適したオイルを選んであげましょう。