鼻の毛穴開きをなんとかしたい!毛穴を開かせない日常ケアと毛穴引き締めのスペシャルケア

鼻の毛穴が開いてしまう原因は?

お顔の中でも最も気になる鼻の毛穴開きには実は複雑な原因がありますが、まずは鼻の皮脂の過剰分泌もその一つです。

穴から出てきた皮脂が必要以上の皮脂分泌量であれば、毛穴を詰まらせる角栓を生み出す大きな要因となりますので、結果開くのです。

年齢を重ねることで特に気になってくる肌悩みのひとつで、女性にとっては印象を大きく左右するためとても気になるお肌のたるみですが、これらはお肌の弾力が加齢など等で失われることで引き起こります。

お肌が重力に負け下に下がることで、元々広がっていた毛穴も結果下のほうに引っ張られてしまうので、さらに広がり開いてしまい、目立ちます。

なかなか治らないしつこいニキビ跡は開きにも大きく関係しており、これがなかなか戻りにくいという点もとても厄介な問題です。

皮脂が詰まり、雑菌が発生することでニキビなどの肌トラブルができてしまいますが、その鼻のにきびを無理やり潰したりすることは良くありません。

また紫外線の影響を大きく受けることも悪く、外部からの刺激や紫外線の影響により皮膚が傷つき、お肌は深刻なダメージを受けてしまいます。

そしてこれがニキビ跡として一層残りやすくなってしまう結果となるのです。

鼻の毛穴開きを改善するスキンケア方法、日頃のケアと注意点

悩みを改善するに日頃のスキンケア方法の見直しと、さらに注意点をしっかりと理解しておくことが大切です。

乾燥、つまり、炎症、たるみの主に4つのタイプから自身の原因を突き止めることが重要となります。

乾燥が原因の場合、改善にはまず乾いて硬くなってしまったお肌の角質に、しっかりと潤いを与えてあげるお手入れが第一優先になります。

しっかりと化粧水で水分を与え、乳液やクリームでお肌を柔軟に保つことが鍵です。

それでも十分な乾燥対策ができない場合は、ローションパックがおすすめです。

詰まりが原因の場合には、角質ケアが有効となります。

ピーリング効果のある石鹸やピーリング美容液を普段のスキンケアに取り入れたり、角栓吸着するのに優れたクレイパックも最適です。

しかし注意点として、ピールオフタイプのマスクは使用頻度が多いと、肌ダメージの要因になりますので気を付けてください。

炎症には抗炎症に優れた成分であるビタミンCやグリチルグリシン配合の化粧品で鎮静を行うとよいです。

たるみタイプにはコラーゲンの産生を促進してくれ、内側からふっくらと持ち上げる効果を得ることができるエイジングケア成分が配合されているお手入れがおすすめです。

開いてしまった毛穴を引き締めるためのスペシャルケアについて

お肌に不要な角質が残っていては、スキンケアの浸透も邪魔されてしまい、思うような効果を発揮することも難しいです。

引き締めるためにはまずは、週に1回のガーゼ洗顔でのスペシャルケアをお勧めします。

黒ずみからくすみ、大人ニキビなどのお肌のトラブルにも効果的なガーゼ洗顔は、すっきりするのに突っ張らないので乾燥肌にもぴったりです。

余分な皮脂や古い角質などを綺麗に落とす作用のあるガーゼ洗顔で使用するのは、赤ちゃんの浴用に使うガーゼになります。

ガーゼをまずはぬるま湯に浸したら、普段使用している洗顔料をのせて、よく泡立てていきます。

次にそのガーゼを人差し指に巻き付けたら、お肌の表面を優しく撫でるように洗ってください。

特に気になる部分には、くるくると円を描くように優しくマッサージするイメージで洗ってきます。

時間にして3分ほどを目安にお顔全体をマッサージしたら、ぬるま湯でしっかりと濯いで終了です。

決して力を入れずに、あくまでガーゼを使い優しく泡で撫でるように洗顔することが大切です。

もちろん洗顔後はしっかりと保湿してあげることを忘れないようにしてください。

スペシャルケアの後は、化粧水とクリームの浸透がいつもより良いことを実感できます。