食べ物のシミの取り方は?簡単!知っておきたい応急処置方法

美味しくご飯を食べている時、つい服を汚してしまった経験はありませんか?

特に子供は食べこぼしが多く、白い服がシミだらけになってしまったこともあると思います。

私も子供がいますが、出来るだけ汚れが目立たない濃い色の服を選びがちです。それくらい、服のシミには困りますよね。

そこで今回は、食べこぼしによる服のシミについて紹介します。



食べ物のシミはどう落とす?応急処置と基本のシミの落とし方

食べこぼしで服にシミが着いてしまった時、洗濯したら落ちるかな?と心配になりますよね。

食べこぼしによるシミは、出来るだけ早く対処することで、綺麗に落とすことも出来るんですよ。

ただ、外出先でシミを付けてしまった場合、すぐに対処出来ないですよね。そんな時は放置していてはいけません。

外出先でも応急処置をしましょう。

外出先での応急処置
  1. ティッシュなど手元にある場合は、ティッシュに水をつけて、シミになっている部分を濡らします。
  2. シミがある部分の裏側に、ハンカチかティッシュを当てます。
  3. そして、シミの部分に乾いたハンカチかティッシュで押さえます。
  4. 裏側に当てたハンカチやティッシュにシミが移るように、繰り返します。
  5. 最後に乾いたハンカチやティッシュで、水分を取ります。

なかなか落ちない時には、御手洗などにあるハンドソープを少し染み込ませると落ちやすいです。

そして、帰宅後はすぐ洗濯してくださいね。

自宅でも同じように応急処置をしておくと、シミが残りにくくなります。

基本的にはシミの種類によってシミ抜きの方法が異なります。

方法は異なりますが、どれもそのまま洗濯しても綺麗に落とすのは難しいです。

ですから、必ず汚れたらすぐに前処理をしてくださいね。

食べこぼしのシミ、時間がたったシミの対処法

食べこぼしに気付くのが遅くなってしまうと、シミになって時間が経過していることになりますよね。

服にシミをつけてしまったら、すぐに対処しなければなりませんが、時間が経ってしまうと諦めるしかないのでしょうか?

実は、諦めることないんですよ。

時間が経過してしまったシミも落とすことが出来ます。

時間が経過したシミの落とし方
  1. まず酸素系漂白剤を用意します。
  2. シミになっている部分に、濃い目の酸素系漂白剤を付けながら、スチームアイロンの蒸気を当てます。
  3. シミの部分の温度を上げていきます。

これをひたすら繰り返すだけです。

これで頑固なシミも落とすことが出来ますよ。

酸素系漂白剤は、色物や柄物の洗濯にも使われるものなので安心して使えますよ。

食べ物のシミ、タイプ別シミ抜き方法のポイント

上記でも少しお話しましたが、食べこぼしのシミは、種類によっても基本的なシミ抜き方法が異なります。

水に溶けやすい

しょうゆやソースなどは、水に溶けだしやすいので、すぐ洗濯すれば落とすことが出来ますよ。

普段通りに、洗濯洗剤だけで大丈夫です。

水に溶けにくい

赤ワインや子供が好きなカレー、ケチャップやコーヒーなどは洗濯洗剤だけでは落ちないことがあります。

これらのシミがついてしまった時は、洗濯洗剤と一緒に漂白剤も使いましょう。

もし、落とし切れなかった時には、酸素系漂白剤を着けて、スチームアイロンの蒸気を利用してシミ抜きしてみましょう。

どちらの種類の汚れも、すぐに処置をしておくだけで、時間をかけてシミ抜きをしなくても、汚れに合わせて洗濯をするとシミがなくなります。

時間が経ちすぎてしまうと、更に洗濯だけでは落ちない可能性が高いので、必ず応急処置をしておきましょう。

まとめ

大人でも、気付いたら食べ物のシミがついてしまっていることもありますよね。

子供であれば尚更シミは出来やすいです。

大切な服がシミだらけになるとショックですよね。

完全に消すことが出来ないこともあると思いますが、前処理と洗剤の使い分けでシミ抜きをしてみてください。

そして、お気に入りの洋服を大事に着続けられるといいですね。