アイプチでまぶたが伸びるって本当?!伸びたりたるんだりしたら治す方法ってあるの?

アイプチを続けるとまぶたが伸びたりたるんだりしてしまうと言う話をよく聞きますが、これはある意味本当に起きる話です。

その理由はアイプチの使い方にあります。



アイプチを続けるとまぶたが伸びたりたるんだりするって本当?原因は?

アイプチの成分は基本的には設置薬剤であるため、皮膚に直接つけることで肌荒れを引き起こしやすいのです。

まぶたの肌は特に薄く刺激によって荒れやすくなってしまうため、シワなどが増えることで見た目に伸びたような印象を受けてしまうことも多く、伸びると言う表現がよく使われるようになります。

接着剤の成分にはいろいろなものがありますが、特に安いものほど肌に対する刺激が非常に強く肌荒れを起こしやすい傾向があります。

この部分の皮膚は非常に弱いので、強い刺激を受けると肌荒れを引き起こしシワやたるみなどの症状を引き起こすことが多くなってしまうのです。

そのため、使いすぎるとまぶたが伸びると言う表現になり、非常に見た目が悪くなってしまうと言うことになってしまう傾向があります。

すべてのものがこのような現象を引き起こすとは限りませんが、基本的には接着剤であり肌にとってはあまりよくない成分であることを十分に理解して使用しないと、取り返しのつかないことになってしまう危険があるので十分に注意をしなければなりません。

アイプチでまぶたが伸びてしまったらどうなる?もとに戻せるの?

アイプチでまぶたが伸びてしまった場合には基本的にはなかなか元通りに直す事は難しいと言われています。

まぶたの皮膚は非常に薄く、その中に様々な皮膚の要素が含まれているためにそのバランスが狂ってしまうと元に戻すことができないことが多いのです。

アイプチは接着剤であるため肌に刺激の強い成分が多く含まれていることも少なくありません。

特に価格の安いものでは肌に有害な成分が含まれていることも多く強い刺激を与えてしまうので皮膚の表面を破壊してしまうことも多いのです。

そのため使用する場合には十分に注意をするとともに、これを落とす場合にも無理に落とそうとせずクレンジングクリームや美容液などを効果的に利用しゆっくりと自然に溶かすようなイメージで除去することが必要となります。

いちどまぶたが伸びてしまうと戻すことができないばかりでなく、手術で二重にすることもできない状態になってしまうことも少なくありません。

アイプチを利用する場合には肌のケアに十分に注意をし、肌荒れを引き起こさないように様々な知識を十分に得ながら行うことが必要です。

使いすぎてまぶたが荒れてしまうとなかなか戻すことができないと言う点については十分に注意をしなければならないのです。

肌に優しいまぶたに負担の少ない二重コスメ、二重美容液とは

アイプチは肌に対して悪影響及ぼすものも多いためその選び方には十分に注意をしなければなりません、とは言え二重を作る事は多くの女性にとって非常に重要なこととなっているため、なかなかその利用を止めることができないのも実態です。

最近では肌に負担の少ないアイプチの種類も多く登場しているため、これらを利用することも肌荒れを防ぎまぶたが伸びることを防ぐためには非常に重要なものとなっています。

最も重要な事は肌に負担の大きな接着剤の成分を使用していないものを選ぶことです。

最近では肌にやさしい分子であるコポリマーを使用したものが非常に多くなっており、この成分であれば効果的に二重を作ることができるほか、肌荒れを少なくすることもできまぶたが伸びることを防ぐことができます。

ナイトアイボーテやドリーミンアイリッチはこのコポリマーを使用しており、安心して利用できるものとして非常に人気が高まっています。

しかしこれらのものでも長時間使用したり、アフターケアをいい加減にしてしまうとまぶたが荒れてしまうことがあるため注意が必要です。

アイプチを使用した後はゆっくりと温めながら自然に除去することを心がけ、無理に外そうとしないことが大切になります。

アイプチ経験者に聞く、上手な使い方やおすすめ商品は?

アイプチ経験者さんに、実際の効果やリスク、上手な使い方や注意点、おすすめ商品について聞いてみました。

アイプチを根気強く続けると二重になるかも?

アイプチをする前は誰から見てもキレイな一重でどう頑張っても二重には程遠い感じのまぶたでした。

自分の目がコンプレックスの塊で高校に入学とともにアイプチをするようになりました。

最初は100均で売っていたテープ式のものを使っていましたが、自分のまぶたが厚すぎるせいなのか100均のものだからなのかスグに剥がれてしまってやめてしまいました。

厚いまぶた用のテープ式もためしてみましたが、やっぱりとれやすい気がしてクセをつけるという感じではなかったです。

そこで最後に出会ったのはコージー本舗のアイトーク。

糊のようになっていてまぶたに塗ってプッシャーで押さえてくっつけるタイプです。

乾くと透明になりしっかりくっつくのですが、私的にはまぶたに塗って白い液の状態でプッシャーで押さえ軽く指でまぶた同士を乾くまで押さえるとキレイな二重が完成してしっかりくっつく感じがしました。

外すのも水で軽く塗らしたティッシュなどでふき取れば簡単にとれますが、寝る前にもやり直して寝ると徐々にですが二重の線が軽く入るようになり3年かかりましたがアイプチいらずの二重になりました。

まぶたが伸びるのは確信はないですが、アイプチをする前よりもまぶたの厚さはなくなったような気がします。

一重で悩んでる友達がいると必ずコージーのアイトークを絶対にオススメします!

(りんご 30代)

色々なアイプチを試した結果、1番負担が少なかったアイプチはアストレアヴィルゴ

アイプチはアストレアヴィルゴ(青いボトル)がお勧めです。

お値段は1260円と、プチプラとは言えませんが、とにかく粘着力があり汗や皮脂に強いです。

アイプチを長年使用していると、瞼は実感たるんで来ると思いますし、乾燥の時期になると瞼の上が荒れる事もありました。

しかし、それは恐らくアイプチを落とす際に瞼を擦り過ぎる事が原因だと思います。私もそうでした。

アストレアヴィルゴは、粘着力が強く汗や皮脂にも強いのに、落とすときは力を入れずスルっと剥がせます。

擦らなくても普通のメイク落としと洗顔をすれば剥がれる為、瞼に負担が少ないです。

ノリも一回塗ればしっかりと接着してくれますし、何度も塗る必要がありません。アイプチ後にアイシャドウを塗っても剥がれませんでした。コストパフォーマンスはとても良いと思います。

(はるか・30代前半)

重たい一重の私がオススメするよアイプチはコレ!

アイプチをし始めて、1年半になるけれど、アイプチでまぶたが伸びた感じはないかな。

私は、皮膚がとても弱いから、一番最初に試したのが肌に優しいという、ナイトアイボーテ!

夜、二重を作って眠る。を繰り返して私は昼間もしていました。

荒れることもなく、筆も細いから不器用な私でも上手く二重を作れるようになったよ。

肌に優しい割に、一度二重を作ると崩れることはなかった。ただ、一回ののり付けじゃ、二重が崩れやすく感じたから2度塗りがオススメ!

ナイトアイボーテは、結構高いから、今はドラックストアでも購入できる「大人の二重ライン」を使用してる。

この商品も、まぶたが荒れることもなく使い続けてるよ。アイプチをやり続けると二重になるよ!と友だちが言っていたから、これからも続けよ。

(ここな.20代)

アイプチ長時間持続方法!~私のやり方流~

私も高校の時、アイプチブームで二重幅を広げようと使ってました!

最初は使い方も自己流で使ってました。使っていたのは、コスパも凄く良い「eyetalk」です。

化粧完成の上に塗り、白い液が乾く前に無理やり押してくっつけていました。

けど、そのやり方は長くくっついてくれず時間が経つにつれ取れていました。そして研究を重ね最終的にたどり着いたのが、化粧をする前にアイプチをする!でした。

洗顔後、化粧水を塗りよく浸透させ瞼の所だけふき取り、アイプチを塗ります。白い液が透明になるまで待ち、透明になったら自分の指でペタペタ触り乾いた事を確認できたらプッシャーで押して二重を作り、その上に化粧をしていました。

このやり方が私にとっては一番持ちがいいやり方でした。ちなみにつけまつげも、アイプチのりを使う方が持ちがいいです!

(りな・23歳)

メスを入れずに、アイプチだけで二重になる方法

もともと私は両方、一目のまぶたでした。

高校に入ってから二重に憧れ、液体のアイプチを愛用するようになりました。

使用していたのは、「アクティブアイトーク」という水色の容器に入った商品です。

化粧水、乳液(薄めに)の後に液体を塗り、しっかり乾かしてから二重の線を作っていました。

ちなみに液体が付いたまぶたに、ファンデーションを塗ると白くなり変な仕上がりになってしまいます。また、ファンデーションを塗ってからアイトークを塗ってしまうと、上手に二重の線が作れませんでした。

アイプチを使い続けた結果、今では自然な二重の線が出来ました。

現在はアイプチを使用しておりません。

二重の線が出来たということは、まぶたは多少伸びているのかなと思います。アイプチ使用時の注意点ですが、使用中、何度かまぶたが痒くなったり、赤くなったりしたことがあります。

無理をして使用を続けるとどんどん悪化します。ずっと、使い続けるとまぶたにも負担がかかってしまうので、アイプチを使わず肌を休ませてあげる日を作ってあげると良いと思います。

(けい 30歳)

見事なまでの一重まぶただった私が、奥二重の母から聞いた方法

奥二重の母も、元々一重まぶたでした。

母曰く、あるアイプチの使い方をしたら自分は1年程で二重まぶたになったとのことでした。

それは、四六時中アイプチでまぶたを貼り付けるという単純なもの(笑)

お風呂から出て、すっぴんの顔ですぐアイプチをして寝る。

朝、顔を洗って化粧をしてからすぐアイプチ。

そうしているうちにまぶたに二重の癖がつき、アイプチを卒業したそうです。

でも、1年で二重になるにはコツがあるようで、あまり自分のまぶたに対して無茶な位置に癖をつけようとすると時間がかかるようです。(母の場合は奥二重で落ち着いた)

と言うのも、両親が一重の筋金入りの一重である私も中学の頃からアイプチで挑戦していたのですが、両目をパッチリ二重にしようと瞼の真ん中あたりから癖をつけはじめたところ、左目は1年程で卒業出来ましたが、右目は20年経った今でも不安定で、たまに一重に戻ってしまうのです…勿論泣き腫らしたりでもしたら数日はアイプチを手放せなくなります。

奥二重ならそこまで苦労しないのですが(苦笑)これはあくまで個人の経験なので、一概では無いものの、根気があればプチ整形しなくても大人になった頃には二重になれてるかもしれません。

ちなみに私の愛用は「アイトーク」です。しっかりひっついてくれるので。

アイプチをして寝るときの注意点は、寝顔を人に見られないこと。高確率で白目になってますから(笑)

(かなえ 30代)

アイプチって様々な場面で使えてめちゃくちゃ最強!!

高校生までずっと奥二重な人生だったわたし。高校からアイプチデビューしました。

日中はメイク前に使用し、寝る時も跡がつくように使用しました。半年ほどでアイプチを使わなくても二重がキープ出来るようになりました。

ただ私の場合左目だけでした。右目は時々しか二重をキープ出来ずにいます。

私はずっとアイトークというアイプチを使ってます。他のアイプチも試してみましたが、アイトークが1番使いやすいし跡がつきやすいです。

使用方法は、

  1. 筆についた余計な液はなるべく切って閉じた状態のまぶたに薄く塗る。
  2. 閉じたまま少し手で扇いで乾かす。
  3. 半乾きくらいで付属の棒を使って二重を作ります。
  4. 棒を押し込んだまま少し停止し少し乾かす。

少ししたら離せばあら簡単。

ほかにもつけまつげの接着剤替わりにしています。

二重の跡がついた後でも、気分によって二重の幅を変えてメイク出来たり、アイプチを使えば自由自在に顔を変えられます。

もう10年ほど愛用してますが本当に手放せません。これからも使い続けたいとおもいます。

(あいのすけ27歳)

アイプチ生活でもお金をかけないで作る二重目!

アイプチ生活を5年近くしていました。

アイプチ商品はピンキリにあるので何をどう選んだら良いのか分からないも思います。単純に高いのを購入すれば良いと思いがちにもなります。

アイプチ利用者の方のほとんどがアイプチ無しでは外に出れない悩みとか、二重への憧れも強いです。

私がしてきたアイプチ生活は全て100円のものを使用し、見事二重を手に入れました!

お金をかけなくても綺麗な二重まぶたができるアイプチをご紹介いたします。

まぶたは非常にデリケートな部分なので、私はノリタイプのものではなく、シールタイプのものを使用していました。

ノリタイプのものは強力で付きも綺麗なので良いのですが、毎日数年もの間使用していると瞼の上が荒れてしまう時があり使用をやめました。

瞼が伸びることはなかったですが、きちんとケアをしないと瞼が垂れ下がるような感じにはなると思います。

アイプチはキャンドュで購入してます。

タイプがたくさんありますが、細い両面テープになっているタイプがオススメです。細めなので、しっかりと瞼のキワにフィットしてくれます。

テープをつけた時は取れないようにテープをしっかりとなぞり肌と馴染ませるのがポイントです。表面のテープがその上に瞼をくっつけてくれるので、持ちもかなり良いです。

夜メイクを落とした後は絆創膏を二重幅に合わせカットし、跡づけ用として付けたまま眠ります。手間はかかりますが、コスパもかなり良くて、使用を続けていると二重の跡がしっかりとつくので、おススメです。

(DK.30歳)

元々幅狭二重の人に参考になる、アイプチの話

私は元々二重でしたが、濃い化粧が好きだったのでアイプチで二重幅を広げていました。

15歳くらいから、ほぼ毎日使ってました。

私は瞼が弱かったのか、最近は瞼が荒れてしまい冬場は乾燥で瞼がカサカサになっていました。毎日していて、瞼が切れたこともあります。

それに何年間も使用していたせいか、元々あった二重が消えかけていました。元々あった二重は失いたくない!!と思い最近思い切ってアイプチを卒業しました。

最近はナチュラル思考の時代になってきていると思うので、幅が狭い二重に合ったメイクを練習すると、見慣れてきて、全く気にならなくなりました。アイプチを続けていると確実に瞼は伸びます。元々あった二重幅に瞼が重なるようになります。もしこれからまた、二重幅を広げたくなれば整形してもいいかな〜と思います。

(あやこ・23歳)

二重のクセがついて、本当の二重になりました。

私はもともと一重まぶたで、うっすらと二重のシワが何本かあるようなまぶたで、そのシワを深くするような感じでアイプチを使っていました。ほぼ毎日使っていましたがアイプチでまぶたが伸びるといったことはなかったです。

うっすらとあるシワにアイプチの駅を薄く塗り、付属のスティックでシワを押し込むようにして二重を作っていました。

数ヶ月使っているうちに二重のクセがついたのか、薄かったシワが深くなり、本当の二重まぶたになることができました。

アイプチを使うときは、塗りすぎに注意をして薄めに液を乗せると、自然な仕上がりになって乾きも早いです。液をたくさん塗ってしまうと、乾いたときに水のりが乾いたときのような固まりができやすいので注意が必要です。

(みみこ・30代前半)