「毛穴が汚い」悩んでいる人のための原因と対策。毛穴をきれいにする方法は?

毛穴が汚くなる原因ってなに?

お肌の悩みでよくみられるのが、毛穴が汚いという状態ですが、この部分が汚いとお肌が滑らかに見えないばかりか黒いポツポツとした状態になってしまいファンデーションのノリも悪く見た目も良くありません。

この状態はどういうことなのかと言うと、古くなった角質や皮脂が毛穴の中に入り込んだ状態です。

毎日の洗顔やクレンジングで正しく除去できていないと、徐々に詰まっていき見た目も悪くなってしまいますので注意が必要となります。

一般的に原因は古くなった角質と皮脂ですので、その原因を除去することが最も重要です。

しかし肌質は人それぞれ個人差があり、皮脂の分泌量が多い人はお肌が汚く見えがちになります。

皮脂と余分な角質が混ざり合い毛穴を塞いでしまいますので、オイリースキンの人は注意が必要です。

お肌の状態が汚いと感じたら、それは皮脂や角質が混ざったものが原因になっている可能性があります。

人それぞれ肌質は異なりますが、その肌質に合わせたケアを行い原因を除去するケアが効果的です。

特にオイリースキンの方は、肌がテカテカしやすく黒っぽく見えがちですので専用のケア用アイテムなどを使って日頃のお手入れをすることで、状態よくできます。

「毛穴が汚い」をなんとかしたい!やってしまいがちなNGケア

汚れが状態を名とかしたい、と考えてやってしまいがちなのが毎日のパックです。

これは、専用のアイテムとして販売されていますので、つい肌に良いと思って毎日のように行いがちですが、頻繁に使いすぎると確実に肌にダメージを与えてしまいますのでNGと言えます。

なぜかというと、強力なパックをはがすときに確かに汚れは落ちますが、それと同時に必要なうるおいや角質まではがれてしまいます。

又、皮脂や汚れがきれいにとれますがすぐにまた皮脂と角質が混ざったものが詰まってしまい、イタチごっこになりますので注意が必要です。

専用のアイテムでパックをするのは週一回程度が推奨されていますが、中にはあまり適さない肌質もあります。

正しいクレンジングや洗顔が出来ていればスペシャルケアはあまり必要ありませんので、強力なパックを毎日使うのは中止しましょう。

又、ごしごしこすり洗いをしたり力任せに洗うのも良くありません。

肌や角質層にダメージが与えられ肌荒れの原因になりますので出来るだけ優しく洗うようにしましょう。

洗浄力が強すぎる洗顔料を使うとさっぱりした感じがしますが、必要なうるおいまで落としすぎますので、洗浄力の強すぎるものもNGと言えます。

毛穴をきれいにする正しい美肌ケアとは?

肌を綺麗にしてくれる正しい美肌ケアは、適度な睡眠と栄養、洗顔と保湿です。

これらがそろっていて初めて肌の状態が美しくなります。

美肌には欠かせないのが正しいターンオーバーと言われていますので、その日のうちに眠るようにして、質の良い睡眠を心がけます。

ビタミンや食物繊維、たんぱく質などバランスの取れた食生活を心がけ、適度な運動でターンオーバーを促すのも効果的です。

実質的なケアは洗顔と保湿ですが、皮脂や角質がたまらないようにするには、ミルククレンジングがおすすめです。

ミルククレンジングは肌にマイルドな感触で、メイクや汚れを落としてくれます。

汚れになじませるときれいに皮脂や余分な角質を除去してくれますし、潤いを奪いすぎないのでコンディションを良い状態にしてくれるのも特徴です。

洗顔はダブル洗顔が必要なら行いますが、クレンジングで洗顔も兼ねたほうが肌に負担は少ないのでダブル洗顔不要のクレンジングをする良いでしょう。

顔を洗った後はオールインワンジェルや化粧水、美容液でしっかりと保湿をします。

保湿をすることで余分な皮脂が浮いてくるのを防ぐ役割も期待できます。

乾燥していると皮脂が詰まってしまいますので保湿を重視しましょう。