クレイで肌荒れしちゃうときの対処法は?クレイが肌に合わない原因は?

汚れを吸着する性質を持つクレイは、普通の洗顔では落ちない毛穴汚れを落とすのに効果的です。
スクラブ洗顔や毛穴パックのように肌にダメージを与えずに毛穴ケアができるので、愛用している方も多いのではないでしょうか。
ですが、肌に優しいと言われるクレイでも肌荒れを起こすことがあります。
ここでは肌荒れしちゃうときの対処法、そして肌に合わない原因をご紹介するので参考にしてみてください。



クレイで肌荒れが起こったら?

クレイは、毛穴の汚れを吸着するだけではなく、優れた保湿効果もあります。
それなのに肌荒れが起こってしまったら、まずは使用を中止しましょう。

クレイの洗浄成分は、石油系合成界面活性剤で出来ている洗浄成分よりも刺激が少ないので、基本的にダメージを与えることはありません。
それでも肌荒れが起こるということは、肌に合っていないということです。

使い続けてしまうと、さらに肌トラブルが悪化してしまうかもしれません。
ですので、普通の洗顔料に戻して、保湿ケアを徹底して肌の状態を改善することが一番の対処法です。

なぜクレイが肌に合わないの?

毛穴に詰まった汚れを落とせるのがクレイの特徴です。
ただし、今まで毛穴に詰まっていたものがなくなると、一時的ですが肌の水分が急激に失われます。
そのため乾燥した状態になってしまうのです。

普通肌の方やオイリー肌であれば、一時的に乾燥しても問題ありません。
しかし、もともと乾燥肌や敏感肌という場合は、肌が過剰に乾燥すると肌トラブルが起こります。

つまりクレイであっても、洗顔後の乾燥が肌に合わない肌質があるので注意しましょう。

クレイ洗顔の注意点

例え普通肌でもオイリー肌でも、クレイ洗顔をする場合は正しい使い方をしないと肌荒れが起こる可能性があります。
洗浄力が強いクレイ洗顔は、洗い過ぎると肌にダメージを与えてしまいます。

そのため1日何回もクレイ洗顔をしたり、毛穴汚れがないのに毎日使ったりするのはNGです。
肌の状態を見ながら、適切な頻度で洗うことが大切です。
また、しっかりすすがないと、残ったクレイが皮脂を吸収して乾燥を引き起こします。

ですので完全にクレイを落とし切れるように、ぬるま湯で20回以上すすぐようにしてください。

クレイは、肌に優しく安全に洗顔出来る洗顔料として人気があります。
ですが肌質によっては肌荒れの原因にもなりますし、使い方が間違っていても肌トラブルの原因になります。

クレイ洗顔をするときは、肌質にあっているか確認をして、正しい使い方で美肌を目指しましょう。