「クリルオイル」って知ってる?脳の老化や生活習慣病を予防するってホント?

クリルオイルって知っていますか?

日本では、クリルオイルはあまり知らされていませんが、現在、北欧と中心に欧米では大きな注目が集まっています。

人間での臨床試験も次々と行われています。

肥満の改善やリウマチなどの関節炎の改善、PMS(月経前症候群)の改善といった効果も報告されるなど、さまざまな健康効果が期待されるクリルオイル。

新しい健康習慣として、注目してみましょう。

クリルオイルとは

「クリル」は英語で、動物プランクトンの一種であるアキアミ類のことです。

形がエビに似ていて、海釣りのときに撒く餌としても一般的です。

オキアミは世界中の海に分布していますが、水質がきれいな南極海に生息している南極オキアミは、5-6cmと大型です。

生息数も多く、クジラやアザラシの大切な餌にもなっています。

クリルオイルは、この南極オキアミから抽出した脂質成分です。

クリルオイルには、EPAやDHAといったオメガ3脂肪酸や抗酸化成分でもあるアスタキサンチン、そして食物繊維の一種のキチン類などが豊富に含まれています。

中でも効能が注目されているのはEPAとDHA。

人間は、オメガ3脂肪酸を体内ではほとんど作ることはできません。

そのため、食事などで帯ナウ必要があるのです。

オメガ3脂肪酸には、さまざまな健康効果があるのですが、中でも血液サラサラや血流改善、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす、記憶力の向上などが注目されています。

EPAとDHAは青魚にも含まれているのですが、これはクリルオイルのものとは構造が少し異なるのだそうです。

青魚のEPAとDHAは、摂取すると体脂肪として蓄積され、エネルギー源として使われます。

しかし、クリルオイルのEPAとDHAは、水溶性で細胞膜に近い構造なので、体内に吸収されやすい、という点が特徴です。

クリルオイルで脳機能が若返える?

健康な男性を、クリルオイルとイワシオイルを摂取する2つのグループに分け、1日2g、12shっj感摂取し、その後に計算能力と記憶力を調べるという実験をした結果、クリルオイルを摂取したグループだけ、脳が若返ったと思われる研究結果が出たそうです。

*脳が若返ったかどうかの判定は、脳の血流量を測定し判定しています。
*脳の働きが活発になると、酸素などのエネルギー源が必要になるため、脳の血流量を指標としているとのこと。

このような効果が出たのは、イワシオイルよりクリルオイルのオメガ3脂肪酸のほうが吸収されやすいためだそうです。

クリルオイルのほうが、脳で効果を発揮し、しかも効率よく作用した結果なのですね。

脳の情報処理能力は、10代がピークで、カレイとともに低下していきます。

脳は身体をコントロールしていますから、脳の健康は、体全体の健康に関わってきます。

脳を健康に保つことは、毎日をいきいきと過ごすためには大切なことです。

毎日の健康に、クリルオイルは役立ちそうですね。

極上クリル120粒(約1ヵ月分)【日本製】

極上クリル120粒(約1ヵ月分)【日本製】

6,480円(12/16 08:29時点)
Amazonの情報を掲載しています