暖房を使う季節の乾燥肌対策でお肌を乾燥から守るには

冬になると、暖房つけて「もう外には出たくな~い!」「あったか~い♪」とぬくぬくしていたいものですが、あなたがぬくぬくしている空間が乾燥してしまっていたら!
あなたの肌も乾燥してしまうのです。

そこであなたの肌を乾燥から守る対策をご紹介します。

毎日やることからやってはいけないことまでをまとめましたので、是非参考にしてみてください。



毎日やることはリズムをつかめばラクに続けられる

あなたは朝起きてからする洗顔の後はどうしていますか?
化粧水などをつける人。洗いっぱなしの人。それぞれだと思います。でも本当はきちんと化粧水などをつけてほしいなと思います。

では、(つけているなら)その化粧水や乳液は〈冬の乾燥肌用〉ですか?

えっ?〈冬の乾燥肌用〉があるなんて知らなかった!とこの記事を読んで思いませんでしたか?「知ってるよ♪」というあなたは日頃から肌ケア方法にアンテナを広げているのかもしれませんね。とてもいいことです♪もちろん知らなかったというあなたもこの記事で知ったので今日から〈乾燥肌対策〉の認識が変えられますよ。安心してください。

ここでは、顔に関しての〈乾燥肌対策〉をご紹介します。のちほど全身に関してもご紹介しますので最後までお読みいただけたら嬉しいです。

それではさっそくご紹介しますね。
まず、洗顔→化粧水→美容液(または乳液)で1セットのリズムを作ることは〈乾燥肌対策〉ではとても重要です。毎日のケアで肌が徐々に改善されるからです(毎日ケアする理由は、肌のターンオーバーは約4週間なので毎日ケアすることで新しい皮膚にもしっかり乾燥対策が出来るということです)。

そして先ほども書きました〈冬の乾燥肌用〉の肌ケア製品とはどんなものなのかをご紹介します。
冬は暖房だけではなく、外気でも乾燥肌になりやすい季節です。乾燥肌は保湿が大切なので、その保湿に効果のある成分が配合されている化粧水や乳液などを使うことで肌の調子を整えるということです。

保湿成分とは、〈ヒアルロン酸〉〈セラミド〉〈コラーゲン〉など。これらの成分が配合されている化粧水や乳液などを選びましょう(成分を見て前の方に書かれている成分から多く含まれているのでその辺も参考にしてみてくださいね)。
他にもホホバオイルなどオイル成分配合のものでもOKです。出来ればアルコールフリーのものを選んでください。アルコール入りだと肌がピリピリすることがあります。

化粧水、乳液、美容液すべてに配合されている必要はありません。例えば乳液に配合されているのなら化粧水に配合されていなくても問題ありません。
つける時は手のひら全体で肌に優しく押し当てるようにしてくださいね。乾燥している肌はとても敏感で繊細なので優しくやさしく、です。

冬は暖房による乾燥肌の悪化が心配な季節です。しっかり保湿して肌を乾燥から守ってほしいと思います。

体の乾燥が止まらない!そんな時はしっかり室内の加湿を!目安は湿度40~60%

続いて体の乾燥についてです。
乾燥肌は四六時中外気に触れている顔だけではありませんよね?体だって乾燥肌になるんです。

入浴後の保湿もしっかりやっているのに体がピリピリして辛い!というあなたにオススメしたいのが〈室内の加湿〉です。暖房を使う時には必ず加湿も一緒にしてくださいね。
肌にいい湿度は、〈40~60%〉です。理想は50%台の湿度。
加湿器などを利用して室内環境を整えましょう。加湿器がない場合は濡れタオルなどを干してもOKです(私の経験上、暖房のそばに濡れタオルを干すことで加湿されてる実感がありますがあくまでも個人の感想ですし、暖房器具に落ちてしまって火事になったら大変なので細心の注意を払ってくださいね)。

加湿器を利用する場合、オススメなのは〈アロマオイルが入れられる加湿器〉です。
アロマオイルの香りは、リラックス効果がありますから心も潤い、加湿で肌も潤い、一石二鳥です。以前、私がひどい乾燥肌だった時に皮膚科医から「心に余裕がなくなった時でも乾燥肌が悪化することがあるのでリラックスを心掛けてください」と言われたことがありました。なので、アロマでリラックスすることは間接的ではありますが〈乾燥肌対策〉になるのではと思っています。
アロマオイルが入れられる加湿器がなければアロマディフューザーを利用するのもオススメです(通電式だけではなく瓶などにスティックを入れて香りを楽しむタイプもあります)。

オススメアロマオイル
  • ラベンダー:リラックス作用で安眠効果もあります)
  • オレンジ:明るい気持ちにしてくれる効果があります)
  • カモミール:優しい香りで安らいだ気分にしてくれる効果があります)

最後に、これはNG!乾燥肌対策でやってはいけないこと

「保湿は大事!」ということは先ほども書きましたが、メイクなどをしている時の〈乾燥肌対策〉でついやってしまいがちなことについてご紹介します。
暖房の中で過ごしていてもメイクはしますよね?でもメイクをしていても乾燥肌が落ち着くものではありません。そこで、メイクの上から化粧水をスプレーして〈乾燥肌対策〉をしたことってありませんか?

実はこれ!NGなんです。
化粧水は乾く時に肌の水分まで一緒に蒸発してしまいます。ですから、つけるならセラミドやヒアルロン酸配合の乳液や美容液にしてください。
つける前にティッシュで軽く皮脂を取り、手のひらにとった乳液や美容液を乾燥が気になる部分に軽く押さえるように使うと効果的です(こすって塗ってしまったらメイクも崩れてしまいますので)。

皮脂を取る際、あぶら取り紙ではなくティッシュにしてくださいね。あぶら取り紙は残しておきたい皮脂まで取り除いてしまって乾燥が悪化する可能性があります。

しっかり肌ケアをして、暖房に負けない肌を手に入れたいものです。