ソンバーユでニキビが治るってホント?ニキビ跡や赤にも効果ある?

馬の絵が印象的なソンバーユという商品を知っていますか?

ソンバーユとは薬師堂という会社が販売している馬油です。

馬油とはその名の通り、馬から抽出した油になります。

このソンバーユ、顔だけでなく手や髪の毛など、体全体に使うことができるんです。

しかも、ソンバーユの効能はこんなにたくさん!

  • 保湿力が高い
  • 血行を促進させる
  • 炎症を抑える
  • 殺菌作用がある

そのため、乾燥を防いだり、肌のターンオーバーを整えてくれたりするので、ニキビやニキビ跡を治すことが可能になります!

今回は、ソンバーユがニキビやニキビ跡を改善してくれる理由と、使い方のコツについて説明していきたいと思います。



ソンバーユがニキビやニキビ跡に効果的なワケとは?ソンバーユって何?

まずは、ソンバーユについて説明していこうと思います。

冒頭でも書いたように、ソンバーユとは薬師堂という会社が販売している、馬の油を使ったクリームのことを言います。

馬油はいろんな会社から販売されていますが、このソンバーユはなんと純度100%!

無添加、無香料なので、肌の弱い子供や敏感肌の人にも安心して使うことができます。

私が出産のときに入院していた病院でも、このソンバーユを勧められました。

授乳による、乳首の乾燥や炎症を防ぐためです。

つまり、純度100%なので、赤ちゃんがなめてしまっても大丈夫ということなんです。

そんな口に入れても大丈夫なくらい安全なソンバーユですが、ニキビやニキビ跡にも効果的なのを知っていますか?

まず、馬油は人間の皮脂に近い成分なので、肌にとても浸透しやすく、保湿力が高いのが特徴です。

ニキビは乾燥が原因でできる事が多いのですが、それは乾燥によって毛穴が小さくなり、その毛穴に汚れが詰まってしまうためです。

そのため、ニキビ対策には乾燥をなくすことが一番大切!

その点、ソンバーユは肌の奥まで浸透し、保湿してくれるので、乾燥対策にはぴったりです。

また、ソンバーユには血行を良くしたり、代謝を良くしたりする働きがあります。

代謝が良くなるので、肌表面の不要な角質や汚れが取れやすくなり、肌のターンオーバー(入れ替わり)を正常にしてくれます。

その結果、新たな皮膚の再生が活発に行われ、ニキビやニキビ跡の色素沈着や赤みも改善されるということです。

さらに、馬油は昔からやけどの薬として使われていました。

馬油には傷を治したり、炎症を防いだりする効果もあります。

炎症を起こした赤ニキビなどに塗る事で、炎症を鎮め、治りを早くしてくれるわけです。

また、抗菌作用があるので、ニキビの元となるアクネ菌の増殖も防いでくれるんです。

このように、ソンバーユにはニキビやニキビ跡を改善させてくれる様々な効能があることが分かりましたね。

ニキビやニキビ跡で悩むあなた、一度試してみてはいかがでしょうか?

ニキビやニキビ跡対策におすすめのソンバーユの使い方、悪化させないための注意点

インターネットを見ると、ソンバーユでニキビが治ったという人もいれば、反対に悪化したという口コミもあります。

やはり、ソンバーユも油の一種ですので、塗り過ぎると肌が油っぽくなり、ニキビや吹き出物の原因になります。

なので、適量を使うように気を付けましょう!

適量は小豆一粒の量です。

そして、ソンバーユを塗る前には、しっかり洗顔して顔の汚れを落としておいてください。

汚れをちゃんと落としておくことで、ニキビも改善しやすくなりますし、ソンバーユの浸透力も高まります。

それから、適量をしっかり手のひらで伸ばし、押さえるようにして顔全体に浸透させましょう。

その後に、化粧水や乳液、美容液を付けると、より効果的ですよ。

いくら肌に優しいといっても、体質によっては合わない人もいます。

適量を使用しているのに、症状が悪化してしまった時は、すぐに使用を中止するようにしてくださいね。

初めは、少量から様子を見ながら使用することをおすすめします。

あと、ソンバーユには防腐剤が入っていません。

そのため、涼しい場所で保管して、1年以内には使い切るようにしましょう。

体全体に使えるので、余って困ってしまうということはないと思いますよ。

ソンバーユでニキビが治るってホント?ニキビ跡や赤みにも効果ある?のまとめ

私、馬油はべたべたしているイメージなので、ニキビには良くないとずっと思っていました。

でも、初めはべたべたしていても、すぐに肌に浸透して肌表面がさらさらになります。

ソンバーユはニキビ以外にも、髪の毛やすり傷にも使えるので、とてもコスパがいいですね。

私も、ソンバーユで体全体をケアしていきたいと思います!

ソンバーユで毛穴の開きや黒ずみに効果ある?正しい使い方は?

2019/03/09