こんなにすごかった!キレイ女子がハマるオイル美容とは?

ここ数年、爆発的な人気が出てきたオイル美容。エイジングケアの神テクとまで言われています。
今回はオイル美容にスポットを当てて、その魅力についてご紹介します。



オイル美容とは?

オイル美容とは、植物や動物から抽出したオイルを、スキンケアに取り入れた美容法のことです。

このオイルをベースにした美容液のことを「美容オイル」と呼びますが、最近ではス美容に使われるオイル全般を指して「美容オイル」と呼ぶことが多くなりました。

オイル美容に使うオイルとは?

美容に使われるオイルの内、他のものとブレンドしていない100%天然のピュアオイルのことを「純正系オイル」と呼んでいます。

さらに植物系ピュアオイルは「キャリアオイル」と呼ばれ、アロマセラピーで、精油(エッセンシャル・オイル)を薄めるときなどに使われます。

代表的な植物オイルとしては、ホホバオイル、アルガンオイル、ローズヒップオイル、マカダミアオイルなどが挙げられます。

これらに対して、数種類のピュアオイルをブレンドしたオイルを「ブレンドオイル」と呼んでいます。

オイル美容の魅力とは?

オイルには驚くべきメリットがたくさんあります。美肌ケアのマストアイテムとして、ぜひ取り入れたいものですね。

肌の保湿機能を高める

肌の角層は、角質細胞とその間をつないでいる油溶性の細胞間脂質でできています。

オイルは細胞間脂質と同じ油性のため、とても肌なじみが良いのが特徴です。

浸透したオイルは細胞間脂質の密度を高め、水分が逃げるのをストップ!毛穴の引き締まったふっくら肌にしてくれます。

浸透性を高める

オイルを洗顔後の肌につけると、角質を柔らかくして水分を吸収しやすい肌にしてくれます。

そのため化粧水や美容液の浸透が格段に上がります。

肌のバリア機能を高める

「オイルを補うことで、肌のバリア機能がアップします!」と聞くと、肌に油でフタをするイメージですよね。でも実際はそうではありません。
肌のバリア機能は、主に角層内にある細胞間脂質が担っています。肌なじみの良いオイルを補うことで、この細胞間脂質の密度が上がり、水分が蒸発するのを防ぎます。その結果、肌のバリア機能もアップします。

つまりオイルで肌にフタをするのではなく、オイルが肌の中に入り込むことで、肌のバリア機能そのものが高まるということです。

肌のベタツキを抑える

私たちの肌は、皮脂膜で覆われています。この膜は汗(水分)と皮脂(油分)が混じりあってできています。

肌が乾燥すると、肌は皮脂を過剰に分泌します。表面はベタつくのに内部は乾いているインナードライ肌は、このような状態を指しています。

オイルは、水分と皮脂のバランスを整える働きをしてくれるので、その結果過剰な皮脂の分泌が抑えられ、肌のベタツキもなくなります。

ニキビを予防する

オイルをぬるとニキビができてしまうようなイメージがありますが、実は反対です。

オイルには、毛穴に詰まった汚れや古い角質を浮かして落とす効果があるので、毛穴を清潔に保って、ニキビや吹き出物ができるのを予防してくれます。

新陳代謝を活発にする

γ-リノレン酸を含むオイルには、新陳代謝を活発にして免疫力を向上させる働きがあります。

そのためアトピー性皮膚炎や肌荒れを鎮める効果が期待できます。

エイジングケア効果

多くのオイルには、カロチンや各種ビタミン、抗酸化作用の高い成分が含まれています。

これらの成分が肌の老化を抑えて、シワやシミ、たるみを防ぐ働きをしてくれます。

さいごに

知れば知るほど魅力たっぷりのオイル美容。

シミやシワ、乾燥など、年齢肌のサインに悩む女性に、ぜひ取り入れていただきたい美容法です。善は急げです。早速今日から始めてみてはいかがでしょうか。