白きくらげの薬膳スープ。乾燥する季節は潤い補給の秋の養生メニュー

お世話になっている漢方薬局は薬膳にも力を入れていて、日常の食事でも取り入れやすいメニューの提案をしてくれます。

先日は秋の養生メニューとして「白きくらげ」を使ったメニューをいくつか紹介くれました。

店頭では薬膳スープの試飲もあり、いただいたスープがとても美味しくて簡単にできることが分かったので自宅でも試してみました。

白きくらげは水で戻すと半透明のぷるぷるした状態になります。

ちょうど棒寒天のような感じです。

教えていただいた薬膳スープは市販のスープの素にショウガのスライスと水で戻したを白きくらげを入れて15分ほど煮込むだけ。

簡単なのに本格的な味わいのスープの完成です。

白きくらげはスープや和え物など食事のメニューとしても使えますが、デザートにも使えるそう。

購入した1袋はあっという間になくなりました。

乾燥する季節は潤い補給メニューとして白い物が良いそうです。

薬膳って難しいものではなく、実は日常のちょっとした知識でも取り入れられるもの。

美味しく食べて健康になれたら、しかもそれが簡単に使える物であれば、こんなに嬉しいことはありません。そ

ろそろ冬の養生メニューが必要な季節。

次は何を紹介してくれるのか楽しみです。