男女問わず、顔を洗うときには石鹸や洗顔フォームを使用する人が多いのではないでしょうか?

そして女性は普段からお化粧される方が多いと思いますが、すっぴんの肌はキレイでいたい!キレイになりたい!と
思っている人も多いハズ。

この冬、私は乾燥肌で顔がカサカサ(;_;)

何かいい方法がないか調べると「ぬるま湯洗顔」というワードが出てきました。

有名な女優さん、モデルさんも取り入れている方が多いとのこと!
更に歳をとっても肌がキレイな状態でいられると話題になっているそうですよ!

これは気になる。。。。

今回はそんなぬるま湯洗顔について調べてみました!



ぬるま湯洗顔に化粧水はいらない?お湯で洗うだけで保湿は大丈夫?

「ぬるま湯洗顔」と調べると、洗顔フォームはつけずに顔を洗うとの結果が。

まずは洗顔方法ですが、キッチリしたやり方があるわけでもなさそうです。ポイントだけ抑えておきましょう。

温度は30〜32度がベスト

洗顔方法は20回ほどパシャパシャとぬるま湯を顔にかけてすすぐだけです。

洗顔フォームを使用した時の泡を流すような感覚で、顔の中心 → 中心から外側 → 髪の生え際も忘れずにパシャパシャと掛け流します。

そして洗顔後はタオルでゴシゴシ拭くのでなく、そっと押さえて水気をとるようにします!

このタオルでの拭き方は重要ポイントですね!

ぬるま湯洗顔のやり方は、これで終わりです。

ぬるま湯洗顔の後の保湿は?

洗顔後には、化粧水や乳液などつける人の多数ではないでしょうか。
私もその1人です。

むしろ化粧水、乳液などをつけて乾燥予防していませんか?

化粧水なしで、ぬるま湯洗顔だけで保湿されるか?疑問に思ったのですが、通常の洗顔後の保湿とは、少し解釈が違うそうです。

まず私達が普段使っている洗顔フォーム。確かにキレイに汚れが落ちてスッキリします。

しかし肌に必要な皮脂も落としてしまうので肌にダメージを与えているんだそう。

あのふわふわの泡が肌へのダメージだなんて…

乾燥も招いているそうです!だから化粧水をつけたくなるんですね。

ぬるま湯洗顔だと、肌に必要な皮脂や水分は守ってくれます。

つまり潤いが保たれるので、乾燥もしなくなり、保湿の必要がなくなるということです!

乾燥知らずだと肌がサラサラになり、さらには!シミの改善予防にもなるそうです♩
いいことだらけですね♩

ただぬるま湯洗顔、意外と油分も落ちる人もいるみたいで、やはり冬は乾燥しやすいかもしれません。
そんな時は無理せず、乳液や美容液などででカバーすることも必要です。

お湯だけ洗顔で毛穴はきれいになる?ニキビ肌は?

ぬるま湯洗顔で保湿が保たれることは分かりましたが、そもそも本来落としたい汚れは落ちるのか気になりますよね。

またニキビでお悩みの方も多いのではないでしょうか。
ニキビにも効果があるのかも調べてみました。

まず皮脂や汗は寝ている時に分泌され、その他に朝起きた時は寝具のホコリなどが付いています。

これらの汚れはぬるま湯で十分に落とすことが出来ます。

またいきなりぬるま湯洗顔オンリーにしても取りきれない汚れがたまる可能性もあります。
(本来はお湯だけでほとんど汚れは落ちます)

なので、たまに洗顔フォームを使ってみましょう。

そうするとまた乾燥してしまいますね…

そして使用する感覚をだんだんと開けていきます。(1週間に1回から2週間に1回など)

そうすることで肌のバランスを戻すことが出来て、毛穴の開きも改善します。

最初はこんな風に取り入れていく方が良いかもしれませんね♩

女性は、朝メイクをする方が多いですよね、なので朝メイクする前にぬるま湯洗顔。
夜はメイクを落とすために洗顔フォームを使用しましょう。

メイクの汚れはぬるま湯では落としきれません。

洗顔フォームも、場合によってはキレイな肌を取り返すために上手に使っていきましょう。

ただ使う場合は自分の肌質に合ったものを選ぶことが重要です!

ぬるま湯洗顔はニキビ肌にも効果あるの?

汚れは十分に落ちると分かりましたが、ニキビにどうでしょうか。

そもそもニキビも原因に個人差があり、皮膚科に通って治療するとしても治る時間にも個人差があるので、調べてみても賛否両論の部分があります。

乾燥によるニキビ

これにはぬるま湯洗顔は効果的です!

繰り返しになりますが、洗顔フォームは洗浄力が高く、肌に必要な皮脂も落としてしまいます。
肌に必要な水分もぬるま湯洗顔だけでキープできます。

皮脂が多くてできるニキビ

実はこのタイプに関しては何とも言えない部分があります…

ただ全く効果がないというわけでもありません。
肌に必要な皮脂が洗い流されてしまうと、後で余分に皮脂を出してしまうためにニキビが出来てしまいます。

ぬるま湯洗顔にすると、このループがなくなるので予防の意味では効果的なのです。

皮脂はないと乾燥してしまうか、ベタベタした肌になります。

皮脂は重要ですね!

まとめ

今回はぬるま湯洗顔についてご紹介しました。

ぬるま湯だけで肌の汚れは十分に落ちるんですね。
驚きでした。

ただ肌質は人によって違うので、時と場合によっては無理せずに洗顔フォームや化粧水も取り入れることも大切ですね。

ちなみに

  • オイリータイプ→温度高めのぬるま湯
  • 乾燥タイプ→温度低めのぬるま湯

が良いそうです!

冷水、熱湯は毛穴の汚れや締まりがよくならない上に肌はダメージを受けるので温度には注意です。

歳をとっても皮脂の分泌量、肌の水分、メラニン量は変わらないので、ぬるま湯洗顔は何年続けても効果があると言えそうです。

それでは、ぬるま湯洗顔のポイントです!

  • 温度は30〜32度
  • タオルでゴシゴシ拭かない
  • 洗顔フォーム、化粧水を使用する時は自分の肌質に合ったものを選ぶ

何も用意するものがない、ぬるま湯洗顔。

今日から始めてみませんか?