クレンジング剤には、クリームタイプやオイルタイプなど、いくつかの形状があります。

これはクレンジング剤に含まれる油分、界面活性剤、水の量の違いによって決まります。

それぞれタイプ別に汚れの落ち具合や刺激の強さが異なるので、肌質やメイクの濃さによって使い分けることが大切です。



タイプ別クレンジング剤の特徴

タイプ別クレンジング剤の特徴(メーカーによって多少の違いあり)

オイルタイプ

オイルタイプは大量の油分を配合しているため、メイクアップ料となじみが良く、すすぎも簡単です。

しかし同時に大量の界面活性剤も配合されているので、どうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

またサラサラとした液体のため、肌をこすらないよう注意が必要です。

ジェルタイプ

乳化していない透明のジェルタイプは、界面活性剤が多く配合されているので、肌への負担が大きくなってしまいます。

乳化したジェルタイプ(白いもの)の方が、肌への負担は軽くなります。

ミルクタイプ

ミルクタイプは肌に優しいイメージですが、水分が多いためメイクとのなじみはあまり良くありません。

シートタイプ

シートタイプは界面活性剤の洗浄力だけでメイクを落とすので、最も肌にダメージを与えます。

さらに拭き取ることでも、肌を傷つけてしまいます。

クリームタイプ

洗い流せるクリームタイプは、適度な油分を含んでいるため、あまり肌に負担をかけずにメイクを落とすことができます。

肌への刺激度比較

刺激が弱い←    →刺激が強い
ミルク・クリーム・乳化ジェルタイプ<透明ジェルタイプ<オイルタイプ<シートタイプ

乾燥肌を防ぐクレンジング剤とは?

一般的なクレンジング剤は、角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)を洗い流し、肌を乾燥させてしまいます。

角質層への影響を最小限に抑えるためには、慎重にクレンジング剤を選ぶことが大切です。

乾燥肌におすすめのクレンジング剤は、水分と油分のバランスが良く、比較的肌に優しいクリームタイプです。

またメイクが薄い日は、ミルクタイプでもOKです。

乾燥肌が避けたいクレンジング剤とは?

油分の多いオイルタイプは、メイク落ちが良い反面、界面活性剤が多量に配合されているため肌への負担も大きくなってしまいます。

乾燥肌には避けた方が無難でしょう。

シートタイプも、界面活性剤の洗浄力のみでメイクを落とすので、肌に大きなメージを与えてしまいます。

また拭き取る際の摩擦によるダメージも加わるので、乾燥肌には一番おすすめできないクレンジング剤と言えるでしょう。

ポイントメイクを落とすクレンジング剤

通常のクレンジング剤で落ちにくいマスカラや口紅は、界面活性剤が入っていない精製オリーブオイルやコールドクリームで落とすのがベストです。

肌の乾燥があまりひどくない場合は、専用のリムーバーを使っても良いでしょう。

特にマスカラは、フィルムで固めたり、シリコン樹脂で固めたり、メーカーによってタイプが様々です。

もし落ちにくいときは、マスカラと同じメーカーのリムーバーを試してみるのが一番です。

https://www.otonanokirei.com/dry-skin-31