妊娠中、大きくなっていくお腹が痒くなったりしませんでしたか?

私も2回出産を経験していますが、2回ともお腹周りが赤くなり痒くて仕方ありませんでした。

1人目は産婦人科でクリームを処方してもらい、2人目は更に酷くなり、背中や足も同じような症状になったので、皮膚科に行って塗り薬を処方してもらいました。

お腹周りに処方されたクリームを塗っていたおかげか妊娠線は奇跡的に出来ませんでしたが、同じような経験した人は多いのではないでしょうか?

専用の妊娠線予防クリームなんかも正直高いですよね。

そこで、今回はドラッグストアなどど手軽に購入できるもので代用できるか調べてみました!



おすすめの乾燥肌クリーム、安くてコスパが良いのはこれ!

妊娠中って、女性ホルモンが乱れて肌以外もいつもと違うってなりますよね。

もちろん肌のコンディションが変わり、乾燥しやすいらしいです。

そしてお腹が大きくなることで肌がつっぱり、痒くなったりするようです。

そこで保湿したい!と思う方も多いと思いますが、やはり妊娠中でも使えるかが気になりますよね。

妊娠中に使う前提として、

  • 香りの強いクリーム
  • 刺激の強いもの(石油成分、アルコールなど)

は、避けた方が良いでしょう。

そこでまず出てきたのが、ニベアの青缶です!

冬になるとドラッグストアでは前面に出て販売されていますね(^-^*)

私のイメージでは安売りもしているので、コスパはとても良いと思います。安いからたっぷり塗ってもいいなって思いますしね♩

気になる成分も妊娠中でも問題ないようです!

キュレル

キュレルもおすすめです。

キュレルもドラッグストアでよく見かけます。

香料、着色料、アルコールなども入っていませんし、赤ちゃんにも使えるクリームなので、もちろん妊娠中でも問題ありません。

乾燥肌の人のために作られたブランドなので、保湿力は文句なしでしょう。

アベンヌ ミルキージェル

アベンヌもアトピーでも使えて良いという声が上がっていました。

アベンヌのスプレータイプの化粧水とハンドクリームを使ったことがありますが、本当に保湿されます。なので、このクリームも保湿はバッチリだと思います!

ただニベア、キュレルに比べると少し値段が高いかな?といった印象です。

ピジョンのボディマッサージクリーム

ピジョンというメーカー名は、妊娠中や子育て中の方なら一度は聞いたことありますよね。

老舗メーカーですし、公式サイトを見て分かるように、妊娠中のアイテムとして紹介されていますので
安心して使えますね。

妊娠線予防にも使えるクリームで乾燥肌対策

妊娠中は、やっぱりみんな心配になりますよね、妊娠線。

妊娠線の予防のためにクリームを塗っている!という人も多いですよね。

そもそも妊娠線は真皮、皮下組織の亀裂です。ここの部分を保湿すれば妊娠線も予防が出来ます。と、簡単に言いますがなかなか難しいです。

専用の妊娠線予防クリームなんかも販売はされていますが、ちょっとお財布に厳しいですよね。
ただ専用クリームだとやはり浸透力が高いのです。

人気の妊娠線予防クリームは次のものがあります。

ベルタマザークリーム

妊娠初期から使い始めるユーザーも多く、リピーターも多い潤い力と妊娠線予防で知名度が高く、人気の高いクリームです。オーガニック原料を使用して作られており、無添加・無香料なので安心してケアできますね。

また、すでにできてしまった妊娠線に効果的な葉酸とシラノール誘導体を配合していますので、予防と発生後のケアがこれ1本で行えるところも嬉しい♪

楽天やamazonでも購入可能ですが、公式サイトなら、初回500円で送料無料です。

\公式サイトはこちら/

アロべビーフォーマム 妊娠線クリーム

99%が天然由来成分でできているオーガニックタイプで国産のオーガニック原料を使っているので安心♪

植物由来の成分でしっかりと潤すほか、天然の抗炎症成分を7種類も配合したことで妊娠期特有のかゆみを軽減します。妊娠線ケアしながら肌のケアまでできちゃいます。生まれたての赤ちゃんにも使えますので、産後は親子で一緒にスキンケアできますね。

楽天での取扱はありませんが、amazonでは3,564円で購入することができます。

公式サイトなら、初回980円で送料無料です。

\公式サイトはこちら/

妊婦の乾燥肌対策におすすめのクリームのまとめ

気になる妊婦の乾燥肌対策。

肌の乾燥を放置すると妊娠線のリスクが高まりますので、早めに予防しておきたいですね。

今回はとにかくコスパ重視で紹介しました。

保湿力の高いクリームは、乾燥肌対策にも妊娠線対策にもなります。

積極的に妊娠線を予防するなら、専用の妊娠線クリームもおすすめです。

専用の妊娠線クリームは、乾燥肌用の保湿クリームより高額なものが多いのですが、ドラッグストアや大手通販サイトで購入するよりも、公式サイトのキャンペーンなどを利用すると安く購入することができるので、利用してみるといいですね。

市販のクリームでも専用のクリームでも、塗って予防していたからと言って絶対に妊娠線はできない!というわけでもありませんが、何もやらないのが1番だめですよね。

無香料や無添加のクリームを中心に紹介しました。

悪阻(つわり)などで気分が悪くなっては意味がないので最初に香りの強いクリームは避けた方が良いとも言いましたが、好きな香りを見つけて、リラックスしながらのケアもありですね♪

個人的には産後も使えて、赤ちゃんにも安心して使えるようなクリームがコスパは良いかな?と思います♩