ボディクリームの種類と使い方のコツ

最近では、顔の保湿ケアだけではなく体全体の保湿ケアをしっかり行う人も増えてきました。

しかし、ボディクリームを選ぶ時には、沢山の種類がある中で何を選べばいいかわからず、パッケージが可愛いから や、 コスパがいいから などの理由で買われる方も多いと思います。

毎日のことなのでもちろんパッケージが可愛くて気分の上がるものを選ぶことも大事ですが、ちゃんと効果が無いものでないと意味がありません。

ただ塗るだけではちゃんとした効果は得られないので、今回ボディークリームの種類や、効果的な使い方など調べてまとめてみようと思います。



ボディークリームの種類

ボディークリームと一言で言っても様々な種類がありますよね。

一般的な種類と効果を書き出してみます。

ボディーバター

ボディーバターは植物由脂を使っていて、バターの様に温める事により液状になります。
その性質から「バター」と言われています。

油分が多く、固形状になっている事が特徴です。

そのままでは、使いにくいので一度手のひらで温めて液状にしてから使うと使いやすいですよ。

油分が多いので、特に乾燥が気になる部分や、冬などに使う事がおすすめです。

ボディーオイル

ボディーオイルは全身に使えるものが多く、保湿に関してはとても効果が高いものです。

テクスチャーはサラサラとしているものもあれば、ベタつきがあるものまで様々です。

オイルは髪の毛に使えるものもあり、パサつきのある髪の毛もしっとりと、まとめてくれます。

夏に使うと、ベタつきを感じやすいので、そのままで塗る事はあまりおすすめできませんが、ローションなどに混ぜて使うと冷房などで乾燥した肌にいいあkもしれません。

ボディーミルク

上記の2つよりも軽いテクスチャーでべとつきがありません。

季節としては、夏に使いやすいものだと思います。

ボディーミルクは他のものよりも水分が多く含まれているので、持続性は期待できません。

乾燥肌の方にはあまり向かないかもしれませんね。

ボディークリームの使い方のコツ

沢山の種類のあるボディークリームですが、種類によって使い方や内容が変わってきます。

しかし、共通している事は、使う時に水分を残したまま使った方が効果的だという事です。

お風呂から上がった後、軽く水気を拭き、まだ水分が肌に残っている状態でボディークリームを塗ります。

水分も一緒に肌に閉じ込めてあげた方が効果的なのです。

そのあとに、ベタつきが気になったり、水分がまだ残っている時はタオルで抑える様に、油分や、水分をとってあげましょう。

こすってしまうと、摩擦により肌はより乾燥していまいます。

また、ボディークリームを塗る量が少ないと効果は半減してしまいます。
多めに塗ってあげる方がよさそうです。

全身にはボディーミルクや、ローションなどのべとつきが少ないものを塗り、気になるところにはボディーバターやオイルなどを重ねてつけてあげるとより効果的です。

まとめ

ボディークリームと言っても様々な種類があり、使い用途が異なります。

季節や、自分の肌に適したものを選ぶ事が良さそうですね。

その中でも好みの匂いなどのものを選ぶとリラックス効果もあって良いでしょう。

普段から、保湿する事でエイジングケアにもなるので是非、日々の習慣として取り入れてみてください。