ガスールパックで毛穴からニョキニョキが!毛穴の黒ずみに効果あり!

ガスールパックとは?固形?粉末?正しい使い方は?

今話題のガスールパックとは一体何でしょうか。

一言で言えば、ガスールを水で溶いたものを使って行なうフェイスパックと考えることができます。

アフリカのモロッコで昔から石鹸として使われている粘土のようなものには、優れた吸着力で汚れを落とすと同時に、そこに含まれているミネラルによってお肌を潤す効果が期待できると言われています。

日本においては、毛穴の汚れをすっきりと落とすためによく用いられています。

ガスールには固形タイプと粉末タイプがある

ガスールには固形タイプと粉末タイプの二種類がありますが、粉末タイプは固形タイプを粉々に砕いたものであるため、基本的には全く同じものです。

そのため、どちらのタイプを使ったとしても、得られる効果に差はないと考えてよいと思います。

例えば、固形タイプの正しい使い方ですが、まず固形状のまま水を加えて放っておくと水を吸い込んで膨らんでいきます。

掻き回してペースト状にしたら出来上がりです。

粉末タイプの場合は水を加えて掻き回せば出来上がります。

非常に細かい粉状であるため、固形タイプのペーストと比べて伸びがよいのが特徴となっています。

パックをする際の正しい使い方は、肌の色が隠れるくらいの厚みになるよう伸ばしていき、二、三分後に洗い流すだけという簡単なものです。

ガスールの効果は?本当に毛穴から角栓がニョキニョキ取れる?

ガスールの効果ってどうなの?

噂通り、本当に毛穴から角栓がニョキニョキ出てくるのかどうか、大変興味があるところです。

実は、上述した基本的な使い方にほんの少し工夫をすることによって、大きな効果が得られたという報告が寄せられているため、試してみるのもよいことです。

ガスールを水で溶かして作ったペーストに重曹の粉を混ぜてパックしてみることができます。

何分か放置した後、洗い流すと確かに毛穴からたくさんの角栓がニョキニョキと出てきているのが分かるでしょう。

もう一つの方法は、ハチミツを混ぜてパックするというものです。

ハチミツにはお肌に欠かせない大切な美容成分が豊富に含まれていることに加えて、優れた保湿効果でお肌の潤いを逃がさないという特徴があります。

いずれにしても、ガスールを使ってパックをすると、毛穴から角栓がニョキニョキと出てくると言う報告はたくさん寄せられています。

こうして出てきた角栓は気になりますが、爪で無理に取ったりゴシゴシ擦ったりしないよう注意しましょう。

無理やり取るとさらに悪化してしまうことがあるため、できれば自然に取れるようになるまでそのまま放置しておくことができます。

ガスールで毛穴の黒ずみもきれいに!効果的な使い方とNG使用方法

毛穴の黒ずみに悩んでいる女性は少なくありません。

実は、今話題のガスールには、そんな悩みを解消する効果もあると言われているのです。

毛穴の黒ずみをきれいにする作用があると期待できる最も大きな理由は、汚れを吸着する力が強いという点にあります。

もちろん毛穴の黒ずみをきれいにするためには、あくまでも効果的な使い方をしていることが前提であると言えるでしょう。

ガスールの効果的な使い方

ガスールを効果的に使う上で重要な一つのポイントは、溶かす時に加える水の量にあると言えます。

基本的には、ガスールの二倍程度の量の水を加えて溶かすのが理想だと言われています。

水が多過ぎたり少な過ぎたりすることがないよう注意できます。

また、パックをする前に必ず洗顔をして汚れを落とした後、肌に乗せていくのが正しい使い方です。

ガスールのNG使用方法

NGの使用方法として真っ先に挙げられているのは、あまりに長い時間パックしたままにしておくということです。

吸着力が強いという特徴があるため、仮に長時間放置しておくとすればお肌の乾燥を招いてしまうからです。

本来なら、塗った後すぐに洗い流してもOKと言われるほど吸着力が強いため、間違っても肌に乗せている時間が長くならないよう注意しましょう。

ナイアード ガスール固形(タブレット) タイプ 500g

ナイアード ガスール固形(タブレット) タイプ 500g

1,690円(01/22 01:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
ロゼット 洗顔パスタ ガスールブライト 120g

ロゼット 洗顔パスタ ガスールブライト 120g

377円(01/22 01:17時点)
Amazonの情報を掲載しています