レーザー脱毛の蓄熱式ってなに?脱毛効果やメリット、デメリットについて

このごろ耳にするようになった蓄熱式レーザー脱毛。

従来のレーザー脱毛に比べて脱毛効果が高く痛みも少ないと言われていますが、よくわからず不安で選びづらいと思っている方も少なくないでしょう。

蓄熱式レーザー脱毛とは従来のレーザー脱毛とは異なり、毛根にダメージを与えるのではなく毛へ栄養を送ることが出来ないようにすることで脱毛されていくという脱毛方法です。

蓄熱式レーザー脱毛の場合、脱毛効果が現れているということは毛への栄養が途絶えたということですので、復活して生えてくる可能性はほとんどありません。ですので脱毛効果が高いと言えるでしょう。

さらに従来のレーザー脱毛より低いエネルギーを満遍なく与える方式のため痛みも少ないというメリットもありますが、栄養を途絶えさせて脱毛させるため効果が現れるまで時間が掛かるというデメリットもあります。

蓄熱式レーザー脱毛は大変おすすめの脱毛方法ですので、仕組みやメリット・デメリットを理解して不安を払拭しましょう。



蓄熱式脱毛ってどういう脱毛?どこで受けられるの?

従来のレーザー脱毛は毛根の中の毛乳頭という部分へダメージを与えていました。

毛乳頭は毛への栄養を受け取る部分ですので、そこへダメージを与えることで成長を出来ないようにして脱毛をしているのです。

一方、蓄熱式レーザー脱毛では毛に栄養を与えているバルジ領域と言うところにダメージを与えています。

バルジ領域にダメージを与えて破壊することで毛へ栄養が行かなくなり脱毛されていくと言う方式なのです。

蓄熱式レーザー脱毛は従来とは方式が違うとはいえレーザー脱毛ではありますので医療機関でのみ受けることが可能です。

身体の細胞にダメージを与える行為は脱毛であっても医療機関でしか行えないことになっているのです。

蓄熱式レーザー脱毛の効果、メリット・デメリットとは?

蓄熱式レーザー脱毛は従来のレーザー脱毛より 脱毛効果が高い と言われています。

従来のレーザー脱毛ですと生えている毛へダメージを与える方式ですので、毛へ栄養を与えているバルジ領域にはダメージが与えられていないことがあります。

そのため抜けた後にまた毛が復活して生えてくることがあるのです。

しかし、蓄熱式は毛へ栄養を送ることが出来ないようにすることで脱毛する方式ですので、一度脱毛されると 再度生えてくる可能性がとても低い のです。

結果的にみると従来のレーザー脱毛と比べて脱毛効果が高いと言えるでしょう。

また、その他のメリットとしては 痛みが少ない と言われている点があるでしょう。

蓄熱式レーザー脱毛では従来のレーザー脱毛より低いエネルギーを広い範囲に満遍なく与えるようになったため痛みが少ないと言われています。

エネルギーを与えるスピードも速くなったため、従来の方式より低いエネルギーでも一回の施術にかかる時間が伸びるということもありません。

それどころか毛の状態に関わらず施術を受けることが出来るようになったため、施術ペースを早める ことも出来るのです。

これもメリットの一つでしょう。

他にも従来とは異なり毛のメラニン色素に反応させる方式ではありませんので、脱毛効果があまりみこめなかった細い産毛や金髪でも蓄熱式レーザー脱毛であれば関係なく脱毛できます。

さらには 日焼け肌や色黒の方でも 施術を受けることが出来ます。

たくさんのメリットがある蓄熱式レーザー脱毛ですが唯一と言ってもいいデメリットもあります。それは 脱毛効果が現れるまで時間が掛かる ということです。

毛への栄養を途絶えさせて脱毛するという方式のため、毛が抜けてくるまでに二週間ほどかかってしまうのです。そのためすぐに脱毛効果が欲しいという場合には向いていません。

まとめ

新しい脱毛方法である蓄熱式レーザー脱毛には毛が抜けてくるまでに時間が掛かるというデメリットがあります。それでも従来の方式と比べて脱毛効果が高いと言われており、痛みも少ないというメリットもあります。

時間が掛かってもしっかり脱毛したいという方には蓄熱式レーザー脱毛をおすすめします。