最近は、お店のあちらこちらで乳酸菌入りの商品を見かけることが多くなりました。

そんな中でも乳酸菌入りのチョコは、甘いもの好きには嬉しいですね。

乳酸菌は腸内環境を整えたり、免疫力を高めたりする効果があります。

そんな乳酸菌をチョコで包むことで、腸まで乳酸菌を届けることができるようです。

その結果、便秘やダイエットにも効果があると言われています。

でも、それって本当なの?と疑問に思う人もいるでしょうね。

そこで、話題の乳酸菌チョコについて、徹底解剖していきたいと思います!



乳酸菌チョコってなに?どんな効果が期待できるの?

チョコと言えば糖分や脂質が多いので、あまり体に良くないイメージではないでしょうか?

でも、乳酸菌を含んでいて体に良さそうなら食べてみようかな?と思ってしまいますよね。

乳酸菌チョコと言えば、ロッテの乳酸菌ショコラが有名です。

これは、ブレビスT001株という乳酸菌をチョコレートで包んだお菓子で、生きて腸まで届くことを売りにしています。

ロッテによると乳酸菌ショコラを食べ続けた人は、腸内の乳酸菌の数が増加したという結果が出たそうです。

つまり、乳酸菌チョコで腸内環境の改善が期待できるということ。

また、森永のシールド乳酸菌チョコレートも有名ですよね。

このチョコには、その名のとおりシールド乳酸菌が含まれています。

シールド乳酸菌は免疫力を向上させる働きがあるので、かぜやインフルエンザの予防に役立つんです。

乳酸菌チョコは、入っている乳酸菌の種類によって効果が少し変わってきます。

ヨーグルトなどと比べ持ち運べ、いつでも食べることができるので、手軽に乳酸菌を取りたい人にはぴったりだと思いますよ。

乳酸菌チョコは便秘に効果ある?

乳酸菌は生きたままで腸に届くことで、初めて効果を発揮します。

普通の乳酸菌は、胃酸で死んでしまうのはご存知ですか?

ですが、チョコレートで乳酸菌をコーティングすることで、腸まで乳酸菌を届けることができるんです。

その結果、乳酸菌の働きで腸内環境が改善され、便秘を解消することができます。

実際に、乳酸菌チョコを2週間摂取したグループと、普通のチョコを摂取したグループで排便に差が出たという研究結果もあります。

乳酸菌チョコを2週間摂取したグループは、排便回数や排便日数が増えたらしいです。

便秘に悩む人は、一度ためしてみるといいですね。

乳酸菌チョコはダイエットに効果ある?

乳酸菌には、脂質の吸収を抑えてくれる効果もあることを知っていますか?

また、腸内環境を整えてくれるので便秘が解消されます。

便秘を解消することで代謝も上がるので、痩せやすい体になるということです。

だったら、乳酸菌チョコでもダイエットできるんじゃないの?と思いますよね。

チョコを食べながらダイエットなんて嬉しいですよね。

実は、チョコ自体にもダイエット効果があります。

チョコの成分であるカカオには食物繊維が含まれていますが、食物繊維は水分を吸って胃の中で膨れるので、満腹感がでるだけでなく腹持ちもいいです。

また、ダイエットって言えば、食事制限などでイライラが溜まりがちですよね。

イライラしてしまって、ドカ食いなんてことも!

その点、チョコを食べることで、幸せホルモンを言われる「セロトニン」が分泌され、ストレス解消にもなります。

つまり、乳酸菌とチョコを組み合わせることで、よりダイエットに効果的になるんです。

ですが、気を付けたいのは食べ過ぎないこと!

ロッテの乳酸菌ショコラは1枚がおよそ22kcalです。

1箱14枚入りで302kcal。

これは、6枚切り食パン2枚と同じくらいのカロリーになります。

なので、ふだんの食事に付け足すのではなく、チョコのカロリー分を他の食べ物で調整することが大切です。

そう考えると、しっかり食事制限できる人でないと、少し難しいダイエット法かもしれませんね。

乳酸菌チョコの効果って?便秘やダイエットに効果あるの?のまとめ

乳酸菌チョコは上手に食べれば便秘やダイエットにも効果があることが分かっていただけたでしょうか?

ですが、人によっては効果が出ない人もいるようです。

乳酸菌チョコの魅力は、手軽に乳酸菌を取れることだと思います。

普段あまり乳酸菌を取れていない人は、ためしてみる価値はあるかもしれませんね。