一味と七味、八味の違いって知ってる?辛さや使い方、合う料理も違うの?

一味と七味、八味の違いについて

一味と七味、八味の違いは使用している香辛料が違うということです。

一味は唐辛子のみということになりますが、七味は七種類の香辛料を使用しているので、このように言われていて、八味は七味に更にハバネロなどの香辛料を一つ加えて使用するという事で、このように言われるというだけの事ですから、使用している香辛料の違いによって呼ばれ方が異なるというように考えると良いでしょう。

中に入っているものが異なるわけですから、当然味もそれぞれに異なりますし、用途も異なる事になって来ています。

ただし、同じような目的として使う事も出来るわけで、これでなければならないというような使い方ではないという事も言えるでしょう。

香辛料は味のアクセントとして用いられる事が多いので、人の趣味趣向によって、何が好まれるのかは分かれることもありますから、人によっては一味が良いという人もいれば、いろいろと入っている方がいいという人もいるわけで、特にこれでなければならないという事もありませんし、決まったものが方法があるという事でもありません。

それぞれ使用する人が好みや用途に応じて、これが良いかなという様に考えて使用するようになったというだけの事です。

これにはコストなども関係していると考えて良いでしょう。

一味と七味は料理によって使い分ける?どう選べばいいの?

料理によって使い分けられる事もあります。

ただし、最終的には個人の個のみなので、絶対的にこれでなければならないという物が決まっているわけではありません。

それぞれに入っているものが違うという事は、それだけ働きが異なるという事にもなり、味も変わるということになりますから、最終的には個人の好みという事になるでしょう。

例えばきしめんのようなものには一味が多く使用されているという事があり、おそばには七味が用いられるということが多いのですが、これには地域性もあって、名古屋のきしめんは一味で、信州のそばは七味というようになっています。

おでんは北海道や東北の方では一味で関西では七味という様になるとも言われていますから、こうした事を考えても別に決まったものがあるわけではなく、好みによって分かれているということが伺えます。

地域性があるという事で寒い地域と暖かい地域で異なるという事もあるのかもしれませんが、これについては、材料となるものが多く生産されているのかというような事もあるでしょうから、様々な要因が絡み合って、こうした地域差のようなものが出来ているという事が考えられる事になります。

選択は自由なので個人が好みで選べば良いと考えて良いでしょう。

一味と七味、ダイエット効果に違いはあるの?

一味と七味ではダイエット効果に違いはあるのかというと、それほどの大きな違いは無いと考えて良いでしょう。

というのは、これ自体からエネルギーを大量に摂取するという事があるわけでは無いからです。

これらは、発汗作用は発熱作用、保温効果なども期待できる事から消費エネルギーを増やすという事も考えられるので、ダイエット効果なども期待できるという事が考えられるわけですが、それらはハッキリ言えば微々たる物という事になりますから、その違いについて議論をしても意味が無いというレベルだという事です。

一味や七味を食べる事によって、他のものを全く食べなくなるというような事があるのであれば、それは絶大なエネルギーをカットすることになり、ダイエットも出来るという事になるのでしょうが、そのような事はありません。

消費するエネルギーを少しばかり多くするというだけの所ですから、これでその期待値について云々考えても意味が無いという事です。

身体が温まるという事であれば、これは体感して感じる事が出来る、極めて優れた一味や七味の効能という事が言えますが、痩せる痩せないというような事になれば、これはそれほどの期待をする事は無意味と考えて良いでしょう。