大根おろしは1人何役?毎日食べたい驚きの効果効能と食べ方

目立たないけど、実はすごい!

料理の脇役として活躍する大根おろしですが、驚きの効果や効能があることを知っていますか?

大根おろしを食べると、体に良い効果がたくさんあるんです。

  • 消化促進
  • 便秘解消
  • 病気予防
  • 老化予防
  • ダイエット効果

これらは、大根おろしとして生で食べることによって、効果が発揮されます。

では、今回は大根おろしの効果のうち、消化促進、便秘解消の2点について、詳しく説明していきたいと思います!



食べ過ぎた時の対処に効果的な大根おろしの食べ方

大根おろしには、3つの消化を助ける酵素が含まれています。

  • でんぷんを分解するジアスターゼ
  • タンパク質を分解するプロテアーゼ
  • 脂質を分解するリパーゼ

これらの消化酵素が働いて、食べ物の分解を助けてくれます。

よく、焼き魚や天ぷらに、大根おろしが添えられていませんか?

それは、消化を助ける意味があったんですね。

ですが、これらの酵素は熱に弱いので、大根おろしとして生で食べるのが一番酵素の働きを発揮します。

また、大根おろしを添えることで風味が増したり、油っぽさが減るので、より美味しく食べることができると思います。

でも、食べ過ぎはよくありません。

消化酵素によって胃酸がたくさん出てしまい、胃痛を引き起こしてしまうからです。

また、大根おろしの辛み成分であるイソチオシアネートが、胃を刺激してしまう場合もあります。

大根おろしを食べるときは、胃腸の様子を見ながら食べるようにしましょう。

女性にうれしい大根おろしとヨーグルトの協力タッグで快適腸活を実践しよう

大根には様々な栄養分が含まれていますが、食物繊維もその一つです。

食物繊維が豊富なので、便を柔らかくし、便秘を解消してくれます。

便秘を解消すると、肌荒れや吹き出物もできにくくなるので嬉しいですね。

そんな大根おろしに、整腸作用のあるヨーグルトを合わせると、さらに効果が高くなることを知っていますか?

でも、大根おろしとヨーグルトの組み合わせってどうなの?って思いますよね。

なので、私も実際に試してみました!

不味くはないけど、美味しくもないな・・・というのが第一印象でした。

ですが、調べてみると、大根おろし+ヨーグルト+ハチミツの組み合わせが、もっと腸の働きを良くすることを発見!

さらに、味も果肉入りのりんごヨーグルトのようで、美味しさがアップしました。

これなら、毎日食べられそうです。

ハチミツが加わることで、ビフィズス菌の餌になり、より菌の働きが活発になってくれます。

分量はヨーグルト1杯に対して、大根おろしとハチミツは大さじ1の割合にしましょう。

また、寝ている間に、腸の働きは活発になるため、夕食後に食べるのが一番効果的です。

みなさんも、普段の食事に大根おろし+ヨーグルト+ハチミツを取り入れてはいかがでしょうか?

大根おろしは1人何役?毎日食べたい驚きの効果効能と食べ方のまとめ

大根おろしって別になくてもいいイメージでしたが、消化を助けたり、便秘を解消してくれたり、体にとてもいいことが分かりましたね。

大根おろしの辛みが苦手な人は、大根の葉に近い部分や、辛み成分の多いと言われている皮から遠い、中心部分で大根おろしを作ってみてください。

辛くない大根おろしができるのでおすすめです。

これならヨーグルトに入れても違和感がないですね。

私も便秘の時には、大根おろし+ヨーグルト+ハチミツの組み合わせを試してみようと思いました!