豆乳スープダイエットとは?豆乳スープのカロリーは?

投入スープダイエットとは文字通り、白菜やベーコンなどヘルシーな具材をたくさん入れた豆乳スープを食事に必ず添えるダイエット方法です。

豆乳スープの原材料である豆乳もとい大豆はサポニンやレシチン、そしてイソフラボンにタンパク質など体に良い働きをする成分が含まれています。

特にイソフラボンは女性ホルモンと似た作用がある事で有名です。

他にもサポニンは脂肪燃焼の働きを、レシチンは老廃物の排出を促す効果を、タンパク質は余分なコレステロールや脂質を体の外に排出する作用があります。

要するに健康に良いスープというわけです。



豆乳スープのカロリーは?

そんな豆乳スープのカロリーは1杯につき100カロリー程度ですが、作り方次第で100カロリーを超えてしまう可能性があるので気を付けなくてはなりません。

よくある失敗例として初めから豆乳を加えて煮込むケースで、これをしてしまうとカロリーが高くなってしまいます。

そのため具材を煮込んでから加え、温める程度で十分です。

余談ですが人間が摂取する平均的なカロリーは時間帯で異なり、時間が経てば経つほどに高カロリーになります。

即効性を求めるなら低い数値に設定すれば良いですが、豆乳スープの健康的な効果を考慮すると高いカロリーが平均的な夕飯に口にすれば数値を下げる事が可能です。

その際の具材は野菜でも良いですが、豆腐やベーコンなどヘルシーなたんぱく質や食物繊維やミネラルが豊富な海藻類を入れる事をおすすめします。