乾燥肌とは、肌に含まれる水分量が少なくなった状態のことです。

顔の乾燥が気になるときには、乾燥の原因になっている習慣を見直し、肌の保湿力を高めるケアが必要です。



顔の乾燥対策に「油分を補う」は間違い

乾燥肌には油分が足りない、と思っていませんか?カサカサ肌には油分を与えても改善しません。

健康な肌の水分量とは

健康は肌の角質層には、20−30%の水分を含んでいます。この水分量が20%以下になった状態が「乾燥肌」です。

肌が突っ張るなどの自覚症状が出てしまっているときには、すでに水分量は10%以下までに減ってしまっていることも。

油分を与えてもダメ

肌の乾燥が気になるとき、クリームなどでケアをする人も多いのですが、乾燥してしまった肌に油分を補っても乾燥肌を改善することはできません。

肌の水分量の決め手は細胞間脂質

肌の水分量の決め手となるのは、セラミドなどに代表される細胞間脂質です。細胞間脂質は、水と結びつき、肌内部の潤いを保つ成分。肌が乾燥するということは、このセラミドなどの細胞間脂質が減ってしまい、肌の保湿力が落ちている状態と言えます。

顔の乾燥肌対策としては、セラミドやセラミドに似た働きをする物質が配合された美容液などで補ってあげるのが効果的です。

普段のスキンケアも見直しを

セラミドなどをで肌を補ってあげると同時に、日頃のスキンケアも見直しましょう。

例えば、刺激の強いメイク落としや、コットンでのパッティングなど、肌を傷つけてしまうようなケアが顔の乾燥肌の原因となっていることも多いのです。

顔が乾燥が気になる人にはNGなスキンケア

顔の乾燥肌対策として行なっているスキンケアでも、実はNGなものもあります。

顔のシートパック

顔の乾燥肌対策として取り入れている人も多いのではないでしょうか?

実は、シートパックでははあを密閉することができないため、肌の奥まで水分を届けることができません。肌の表面を濡らすような効果しか期待できません。

スプレー化粧水

顔の乾燥対策としてスプレー化粧水を使う方もいるかも知れませんが、スプレー化粧水で水分を吹き付けても、水分が蒸発するときに返って肌を乾燥させてしまうことも。

気になる部位へは美容液を少量つけるようにしましょう。

リキッドファンデーション

乾燥肌のメイクにはリキッドファンデーションの方が良い、というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

リキッドファンデーションは、肌をしっとりさせるイメージがあるのですが、実は界面活性剤を多く含むため、肌への刺激が強く、肌荒れの原因となることもあるんです。

顔の乾燥肌対策、スキンケアはこれが正解

顔の乾燥肌対策として、おすすめしたい方法には次のようなものがあります。顔の乾燥が気になるという方は、日頃のスキンケアに取り入れてみてください。

セラミド配合の美容液を使う

保湿成分には様々なものがありますが、その中で最も効果が期待出来るのはセラミドです。顔の乾燥が気になるときには、セラミド配合の美容液を使ってみてください。

メイク落としは敏感肌用に

メイク落としは、スキンケア化粧品の中で最も肌への刺激が強いアイテムです。

肌の乾燥や肌荒れがきになるときには、まずはメイク落としを敏感肌用に変えてみましょう。

コットンでスキンケアをしない

スキンケアにコットンを使用している人も多いと思いますが、肌の乾燥が気になるときには使用を控えましょう。

ふき取りタイプのメイク落としを使ったり、化粧品をつけるときのパッティングなどでコットンを使用すると、コットンの繊維で肌の表面を傷つけてしまうため、肌荒れの原因となってしまうこともあります。

美容液の後に部分的に油分を補給

特に乾燥しやすい目元や口元には、セラミド配合の美容液でお手入れした後に、クリームを重ねづけして油分を補給しましょう。水分量とともに脂分も減ってくる40代以降なら、顔全体に伸ばしてもいいですね。

ただし、いきなりクリームを塗るのではなく、美容液などでケアした後での使用をおすすめします。

唇のカサつきケア

唇の乾燥が気になるときに唇をなめるたり、乾燥してめくれてしまった皮をむしってしまうクセのある人もいますが、これはさらに唇を乾燥させてしまう行為なので、すぐに改めるようにしましょう。

リップグロスや落ちにくい口紅なども肌への刺激が強いので避けた方がいいですね。メイクを落とすときには専用のリムーバーよりオリーブオイルなど肌に優しいオイルを使用しましょう。

特に乾燥が気になるときは、手作りパックもおすすめです。

ワセリンとハチミツを同量混ぜ合わせたものを厚めに唇を覆うように塗ります。その上からラップで覆い5−10分くらいパックしてみてください。

保湿と紫外線対策は欠かさずに!

乾燥肌が進んでしまった肌は、間質細胞の間を埋めるセラミドなどの量が減ってキメが乱れ、外部からの刺激に敏感になっているのです。

この状態を改善するためには、保湿成分が配合されている美容液などでのケアが基本ですが、肌荒れがひどく、美容液がしみてしまうという場合は、化粧水や美容液でのケアは省いて、クリームやワセリンなどでケアしましょう。

ただし、そのように肌が荒れてしまっている時でも紫外線対策は必須です。

保湿効果のある美容液やクリームを塗った後、パウダーファンデーションまたはルースパウダーをつけておきましょう。パウダー類には紫外線を跳ね返す作用もあるので、日焼け止めを塗らなくても、それだけでも紫外線防止効果が期待できます。

肌が乾燥している状態だとパウダーがなじみにくいいため、リキッドクリームやクリームファンデを使いがちですが、リキッドファンデやクリームファンデには界面活性剤や防腐剤が多く含まれていることが多く、肌への負担が高いためおすすめできません。

肌荒れがひどい時のベースメイク

肌荒れがひどい時は、メイクをするのもつらいですよね。それでもメイクをしなくてはいけない時のベースメイク法を紹介します。

1、美容液とクリームでケア

洗顔後は、化粧水はつけずに保湿効果の高い美容液とクリームを顔全体につけます。仕上げにつけるパウダー類は水分を吸収してしまうので、ここでしっかり保湿しておきましょう。

紫外線対策は大切ですが、日焼け止めは刺激が強いので、肌荒れがひどい時は使わなくても大丈夫です。仕上げにパウダー類をつけておくことで紫外線をカットすることができます。

2、パウダーをのせる

しっかり保湿したら、パウダーフェンデーションかルースパウダーで仕上げましょう。パウダー類は、紫外線対策としても必要なので、肌が荒れている時でもつけるようにしましょう。

3、肌がカサつきが気になったら美容液を

日中、肌の乾燥が気になったときは、メイクの上から美容液をなじませます。油分が少なめの美容液を指の腹や手のひらに広げて、そっと抑えるようにしてなじませます。