あまりポジティブなイメージがない貧乏ゆすり。
無意識にしている人が多いのではないしょうか。

私自身も子供の頃、無意識に貧乏ゆすりをしていたようで、親にやめなさいと注意されました。

でも実は貧乏ゆすりで太ももが痩せるとのこと。
下半身ってダイエットしてもなかなか細くならないですよね。

しかしこの貧乏ゆすりで少しでも細くなるなら嬉しいですよね。

本当に効果があるのか。調べてみました!



貧乏ゆすりで足が痩せるってどういうこと?

調べてみると、実は貧乏ゆすりって意外と健康効果がいくつかあるそうです。
その中の1つが「足痩せ効果」になります。

少し前になりますがテレビでも紹介されていたそうですよ!
そのテレビでも実際に試してみて、太ももが細くなっていた!という人もいたみたいです。

貧乏ゆすりで足を小刻みに動かすことによって、太ももやふくらはぎの脂肪が震えいるのが運動になっているようです。

足のすねは大差はないそうですが、ふくらはぎに関してはウオーキングより運動量が多いとのこと!

驚きですね。

効果的な方法としては、
寝る前のリラックスした状態で椅子に座ります。
背筋を伸ばし、姿勢良く座ることがポイントです。
膝は90度になるように意識して下さい。
ソファだと姿勢が安定しないので、普通の椅子が良いでしょう。

つまさきを地面につけた状態でかかとを動かします。
両足同時に動かしてください。

これだけです!(笑)

下半身ってダイエットしても、なかなか痩せないんですよね。

道具なども必要ないですし、家の中なら誰にも迷惑もかけないし、寝る前の数分間だけでも試してみる価値ありますね!

貧乏ゆすりでむくみも解消!

貧乏ゆすりの健康効果の1つとして、足やせに続いて、むくみにも効果的とのこと。

むくみって続くと痛くなったりしませんか?

貧乏ゆすりの動きで、血行もよくなって、むくみの改善が期待できるそうです。

更に同時に冷えも改善できるので、
夏のエアコンによる冷えや冬の寒さによる冷え対策にもなりますね。

なんと5分間で平均2度も足の温度が上昇するそうですよ!
※個人差はあります。

もちろん上でお話した、足やせ効果のある貧乏ゆすりと同じ方法で行ってくださいね。

冷えに悩む人は男女問わず多いと思います。
日頃から厚着をするとまではいきませんが、足首を冷やさないようにしたりするのと同時に貧乏ゆすりも行なっていけば、かなり違うのではないでしょうか。

貧乏ゆすりで太ももが痩せるってホント?のまとめ

今回は貧乏ゆすりの意外な効果についてお話しました。

テレビでも紹介されていたとはいえ、まだまだネガティブな印象がある貧乏ゆすり。
私も調べてみるまで、こんな効果があるなんて知りませんでした!

電車やお店など公共の場で実践すると、やはりまだまだ白い目で見られそうなので(笑)、家の中で実践する方がよさそうですね。
(リラックスした状態でとも言われていますしね)

それでは効果的な貧乏ゆすりの方法のおさらいをしていきましょう!

貧乏揺すりで脚痩せ!の方法
  • 寝る前のリラックスした状態で行う
  • ソファでなく椅子で!
  • 背筋を伸ばし、姿勢良く。膝は90度。
  • つまさきは地面につけたまま。かかとだけを動かす。
  • 両足同時に動かす。

両足同時に出来ることごズボラな私には嬉しいポイントです。
大体、足やせの運動って左右別々だったりしませんか?

一定のリズムでずーっと動かすのは意外と大変かもしれませんが、最初は5分、慣れてきたら10分、15分と増やしていったらいいかもしれませんね。

今回、調べた中でこんなにも健康効果があるのに「貧乏ゆすり」という呼び方が悪いという意見が何個かありました。
確かに呼び方1つで印象も変わりますよね!

近い将来、もっと沢山の人がこの健康効果に気付いたとき、もしかしたら貧乏ゆすりという呼び方が変わるかもしれませんね♩