コクヨの「ネオクリッツ」30年ぶりにペンケース購入




講習会に参加したときや外出先で資料を見直したいときなど、外で筆記用具を使う機会があります。

普段はよく使うペンだけをノートやファイルに挟んでいるとこも多いのですが、ときにはペンにクリップがなく挟めないことやペンの本数が多くて挟みきれないことも。
また、ペンが複数本あるときに机の上でバラバラするのも気になっていました。

そういえばペン立てにもなるペンケースがあったはず。

ペンケース売り場には様々なメーカーのペン立てになるペンケースがあり、その中から一番コンパクトに持ち運べそうなスリムタイプの物を選びました。

スリムタイプなのでペンは数本しか入りませんが、普段は多くて3本くらいしかペンを持ち歩かない私にはピッタリです。

机の上でも立てておけるので「あれ?ボールペンは?」と探すこともありません。

さて、今まで使っていたペンケースは中学生の頃に購入した物。

ペンケースを持っているのに持ち歩いていなかったのはファスナーが壊れて閉められなくなったからで、不便さを感じながらも自宅内でのペン置き場として使っています。

今回購入したペンケースは在庫品ですが、現行品のコクヨ・ネオクリッツシリーズには色もサイズも素材もバリエーションがあります。

ペンケースとしてだけでなくツールケースとしても使い勝手が良さそうなので、そろそろ30年前の壊れたペンケースとはお別れして、自宅用も新たな物を探したいと思います。

ネオクリッツ https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/neo-critz/

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01LY1242G” title=”コクヨ ペンケース 筆箱 ペン立て ネオクリッツ ラージサイズ ブラック×ダークグレー F-VBF181-1″ search=”コクヨ ネオクリッツ”]