あなたは、「ハトムギ化粧水とニベアを使えば思春期ニキビが治る!」と聞いたことはありませんか?
果たして、本当なのでしょうか。

思春期ニキビって皮脂の詰まりなどで肌が炎症を起こしてできるものなのですが、皮脂が十分すぎるくらい分泌しているから余分な皮脂が毛穴などに入り込んで悪さをするのに、ニベアのような油分をつけても効果が出るのでしょうか?

今回は、そんな素朴な疑問が少しでも解決できればいいなと思い、ハトムギ化粧水とニベアの成分などから見えてきたことをご紹介したいと思います。

ニキビの種類やオススメの化粧水などもご紹介しますので、最後までお読みいただけると嬉しいです。それではさっそくいってみましょう。



ニキビって大きく分けて2種類あるって知っていましたか?

ひとことでニキビといっても出来てしまう年齢や原因によって大きく分けて2種類あるんです。

思春期ニキビ

ひとつめは、10代に多く見られる、いわゆる 思春期ニキビ です。

こちらの原因は、先ほども書きましたが皮脂がたくさん分泌することで肌が炎症を起こしてできるもの。皮脂の分泌が活発な年代に多いのがこの思春期ニキビです。

大人ニキビ

ふたつめは、皮脂の分泌が多いわけではないけれど一部だけ皮脂の分泌が目立ってしまうもの。こちらは基本的には肌は乾燥肌になっていることが多いので、乾燥ニキビともいわれている 大人ニキビ です。

「私は、すぐに顔がテカってしまうので乾燥肌ではありませんよ」とおっしゃる人がいますが、実はその テカりは表面だけで内側の肌は乾燥している ことが多いのが大人ニキビの特徴です。

ニキビには大きく分けるとこの2種類があることを覚えておいてくださいね。

それぞれのニキビに合った化粧水をつけることが悪化を防ぐ近道

ニキビができていても洗顔後、何もケアをしないということはあまりないと思います。では、ニキビができてる時にはどんな化粧水がオススメなのでしょうか?

思春期ニキビにおすすめの化粧水

まず、思春期ニキビ。

こちらは皮脂の分泌が多すぎてできるものなので、油分のないもの(または少ないもの)を選ぶといいでしょう。

更に〈消炎作用〉のあるものや〈ビタミンC〉が入っているものを選ぶと症状は徐々に落ち着いていくことが多いようです。

大人ニキビにおすすめの化粧水

次に大人ニキビ。

こちらは乾燥によるニキビです。保湿成分配合の化粧水を選ぶといいでしょう。

成分を覚えられなくても〈大人ニキビ用〉、〈敏感肌用〉と書かれている化粧水ならオススメです。

ハトムギ化粧水とニベアの組み合わせは思春期ニキビに効果がある?

それぞれのニキビに合った化粧水の選び方が分かったところで、実際にハトムギ化粧水とニベアの組み合わせで思春期ニキビが改善されるのか?ということについて書きたいと思います。

まず、結論から言いますと、“効果は実証された確率の方が少ない”です。

理由としては、ニベアは基本的には油分です。思春期ニキビは皮脂(つまり油分)が多く分泌されることでできるものなので、そこへさらに油分を加えることはオススメできません。

https://twitter.com/nico4696nico/status/1201476750636507137

ハトムギ化粧水の方は、ハトムギには新陳代謝を高める効果が期待されているのと、ハトムギに含まれているゲルマニウムという成分には抗炎症作用があるということで、ニキビの炎症を抑え、再発予防する効果があるとされています。

なので、ハトムギ化粧水に関しては思春期ニキビには効果が期待できる可能性は高いことになります。

よく知られているメーカーのハトムギ化粧水は成分を見ると、ハトムギエキス が配合されています。

でもハトムギエキスよりもっと効果があるとされているのが ハトムギ種子エキス です。こちらは種子の外側の皮をむいた中身だけから取り出したエキスになり、保湿効果や抗炎症作用がハトムギエキスより高いといわれています。

私がオススメしたいメーカーは、プラチナレーベル ハトムギエキス化粧水 です。


【プラチナレーベル】ハトムギエキス配合化粧水

こちらはハトムギ種子エキスを配合している化粧水なのでハトムギエキスより効果は期待できる製品です。

Amazonや楽天などでネット販売もされているので、気になると思ったら検索してみてくださいね。

たっぷり1,000ml入りでメーカーサイトでは1,200円(税抜)でした。

市販されているかどうかは記憶が曖昧なのですが私がよく行くドラッグストアにはあった気がします。こちらはポンプ式になっているので使う時にも便利だと思いました。

ハトムギ化粧水は思春期ニキビにも効果は期待されますが、ニベアを併用するのに適しているのは思春期ニキビではなく、乾燥によるニキビ、つまり大人ニキビの方、ということになりますね。

思春期ニキビ なのか 大人ニキビ なのかを明記せず「ニキビに効果がある!」という情報だけが広まってしまったのではないかと私は思うんです。

ふたつのニキビは根本的な原因が違いますから、油分の多い思春期ニキビにはニベアはあまりオススメできないんです。ニベアはあくまでの保湿効果を持続させる成分でできた製品です。なので、外から保湿や油分を与えなくても十分な皮脂量がある場合には、適していないのかもしれませんね。

思春期ニキビができていても上手に使うと肌の調子は改善される可能性大

思春期ニキビにニベアは適さないと書きましたが、それはニキビができている箇所の話しです。

ニキビができるということは油分が多いと何度も書いていますが、できてない部分に関しては、化粧水で肌を整え、油分などで保湿にフタをすることは、肌の状態を正常にするためにも必要なスキンケアです。

なので、洗顔後にはしっかりとハトムギ化粧水で水分補給と保湿を行ない、それを逃がさないようにニベアで肌の表面にフタをすることは肌にとってはいいことだと思います。

注意
ただし、思春期ニキビができている箇所は除いてくださいね(化粧水はOKです)。

そしてニベアは少量(パール大くらい)を手のひらで十分温めて柔らかくした後、顔につけるようにしましょう。量を間違えると、今ニキビができていない箇所にもニキビができてしまう可能性もありますから気をつけましょう。

ハトムギ化粧水もニベアも薬ではありません。

ですが、だからといって適当な量で使用していいというわけではないんです。たっぷりつけていいのは化粧水。保湿のメインは化粧水や美容液になりますからそちらはたっぷり使っても問題はありません。

でも油分などは本当に少量でも効果を発揮してくれますから、つけすぎに注意するようにしてくださいね。上手に使うと肌の調子は改善される可能性はとても高くなることだけは覚えておいてください。ニベアは保湿保持効果にとても優れている製品です。

上手に使ってニキビなどの肌トラブルから守ってくださいね。