ボトックス注射で小顔になる

ボトックス注射で小顔になれる、という公告を出している美容外科やエステを目にすることがあります。

美容外科やエステで使うボトックスとはどのようなものでしょう。
ボトックスと小顔との関係はどのようなものでしょう。

ボトックスは、元来はけいれんや顔面麻痺の治療薬で、多汗症治療にも用いられています。
A型ボツリヌス菌毒素製剤ともいい、筋肉の働きを一定期間麻痺させる効果があります。
顔の筋肉を麻痺させることで、その部分の筋肉が細くなって小顔になることが目的です。
エラの張っている部分に注射をして麻痺させ、筋肉が使えない間に細くなるようにします。
ボトックス注射には筋肉の動きを抑制するという働きがあるので、小顔だけでなくシワにも効果があります。
筋肉の動きを止めたい場所に数カ所注射をするだけなので、短時間で済み入浴や洗顔も可能という簡単さから、人気のある方法です。
痛みや内出血、表情が硬くなり変わってしまったなど、副作用や後遺症などの症状が出ている方もいるようなので、きちんと相談してからボトックス注射を受けることが必要です。
また、ボトックス注射は決して安価ではなく、効果は数ヶ月から半年程度です。
効果を維持するには定期的に注射をしなければなりません。
まずは小顔になるためのマッサージやエクササイズなどからはじめてみて、それからボトックス注射を試みても問題はないでしょう。
メリットとデメリットを十分知ってから、ボトックス注射での小顔施術を受けましょう。

手軽な手術でも内容は重要です。

コメントは受け付けていません。