2018年 おすすめ!UVケアアイテム


シミやくすみのない透明な肌を守るために、そして肌老化の進行を緩やかにするためにも、大切なことは「紫外線から肌を守ること!」

若々しい透明肌のために、今や一年中UVケアは欠かせなくなっていますが、それでも春から秋にかけてのUVケアには、一層の注意を払わなくてはいけません。

人気・おすすめのUVケアアイテムと美白アイテムを紹介します。

肌老化の主原因は、紫外線による光老化!

シミやシワ、たるみなどの肌老化を引き起こす主な原因は紫外線です。

これを「光老化」とも呼ばれています。

日焼け肌は健康的だと思っている人もいるかも知れませんが、それは大きな誤解です。

肌老化は遺伝で決まっているものだから仕方がない、と思っている方もいるかも知れませんが、これも大きな誤解です。

肌老化は、生まれてからこれまでの人生で浴びた紫外線量の影響が大きいのです。

過度の肌老化を防ぐためにも、十分な紫外線対策を心がけましょう

日本人に皮膚がんが増加している?

日本人が紫外線の影響で皮膚がんになる可能性は低いと言われていましたが、最近では皮膚がんや皮膚がん予備軍の症状が増えているそうです。

これは、日本人の寿命が伸びたことにより、人生で浴びる紫外線の総量が増えているためではないかと言われています。

紫外線から肌を守ることは、美容の観点だけではなく、健康寿命を伸ばすためにも欠かせない習慣となっています。

紫外線は、空気がキレイなほど肌に届く量が増加!

台風や激しい雨の後は、カラッと晴れて日差しが強く感じることはないでしょうか?

これは、空気中の細かいゴミなどが洗い流されて、降り注ぐ紫外線量が増えるためなのです。

雲がなく、大気が澄んでいる秋も紫外線リスクが高まりますので、要注意ですね。

紫外線の6割は散乱光。日傘だけでは不十分?

スキー焼け、という言葉を聞いたことがありませんか?

空から降り注ぐ紫外線だけではなく、雪に反射した紫外線により顔が日焼けしてしまい、ゴーグルの痕がクッキリ、ということに。

実は、雪や海面、白い砂浜などでは、日差しが100%近くも反射してしまうのです。

日常生活でも油断大敵です。

舗装道路やビルの壁面などでも六割近くが反射してしまうのです。

紫外線対策は、日傘だけでは不十分です。

日焼け止めをしっかり塗る習慣をつけましょう。

日焼け止めは肌に悪い?

日焼け止めは、肌が乾燥してしまったり白浮きしたりと行った悪い印象を持った方もいるかも知れません。

日焼け止めはちょっと苦手・・・という方も多いんですよね。

しかし、最近では紫外線の害が明白となり、日焼け止めの重要性が再認識されてきたことにより、UVケアクリームの研究も進みました。

日焼け止めの機能も使い心地も驚きの進化を遂げているんです!

また、唇や手、髪などのパーツ別、メイク効果の有無など種類も豊富になっています。

機能も多様化したUVケア商品の選び方についても下記で紹介しますね!

一歩進んだUVケアアイテムはエイジングケアも!

紫外線による悪影響が詳細になるにつれ、赤外線など紫外線以外の光の害についての研究も進んできました。

さらには、PM2.5など、大気中の汚染物質が肌ダメージや老化を加速させる要因となることもわかってきています。

紫外線カットだけではなく、上記のような外的に対抗する成分も配合され、さらに乾燥、酸化などのあらゆる外的ストレスに対する守りを固めて、トータルに防御する製品も増えています。

エイジングケア成分を配合し、シワやたるみを積極的にケアする製品や、メイク効果を兼ねたBBクリームタイプなど、単に「日焼け止め」とは言えない製品が増えているのです。

肌の悩みや、日々の生活に合わせたUVケア製品を上手に選びましょう。

メイク直しの感覚で一日中しっかり紫外線カット!

せっかく高機能な日焼け止めを塗っていても、汗や皮脂で崩れたり、無意識に肌に触れて取れてしまうこともあります。

そこで、紫外線防御効果を備えたUVファンデーションを利用してみましょう。

日焼け止めと同様に使い心地もよくなり、透明感のある仕上がりなのに、外的ストレスからお肌を守る働きも十分です。

日中に1,2度、メイク直しをすることで、日焼け止めを塗り直すこと無く、しっかり紫外線からお肌を守ることができます

UVケアクリームは正しく塗ろう!

実は、せっかくのUVケアクリームも、約9割の人が正しく塗れていないのだそう。

UVケアクリームは、塗り残し無くしっかり塗ることで効果を発揮することができます。

塗りムラがないように、丁寧に塗りましょう!

 

UVケア製品-2018年の傾向は?

2018年のUVケア製品の傾向は、大気汚染やブルーライトなど、紫外線以外へ効果に注目です。

紫外線が活性酸素を増やしてしまうのを予防するため、抗酸化や抗炎症成分配合のUVケアアイテムも登場しています。

日中の紫外線ダメージと同時にケアできるものが増えています。

「クッションUV」や「こすれプルーフ」の登場で、うっかり日焼けの原因を回避できる効果が期待できます。

美白ケア製品-2018年の傾向は?

「メラノサイトの停滞」や「異常な毛細血管」「表皮の蓄積メラニン」などのシミを誘発している新たな事実が判明してきています。

そのため、これまで解決できなかった根深いシミもケアできるように。

美白ケアアイテムは、確かな効果を実感できる時代となっています。

 

おすすめUVケアアイテム

肌をキレイにするUVケアアイテム

ランコムUVエクスペールトーンアップ


詳細はこちら

鉄壁の守り+光を操り、肌をトーンアップ

  • SPF50+・PA++++
  • 肌色のトーンを上げて美しく魅せる「トーン アップ テクノロジー」と、UV、汚れた空気、酸化ストレスから肌をプロテクトする 「マルチプロテクション テクノロジー」を搭載。
  • 「Urban Fatigue (都市型疲労)」によって現れる、肌トーン、毛穴の目立ち、肌色の変化にアプローチし、シミ、乾燥などの「Urban Ageing (都市型エイジング)」に向き合います。

 

アユーラアユーラ (AYURA) ウォーターフィール UV ジェル


詳細はこちら
パールの薄膜ヴェールで上品な輝きを

  • SPF50+・PA++++ みずみずしくうるおうフェース・ボディー用
  • さらさらパウダー配合で、つけているのを忘れるようなさらりとした快適肌が続きます。
  • みずみずしくのびる極薄ヴェールで肌をつつみ強力紫外線・環境ストレスからしっかりブロック。
  • 汗・皮脂に強いウォータープルーフタイプ。
  • 心地よいアロマティックハーブの香り。
アトモスフィア エアリー ライト UV クリーム


詳細はこちら
全方位から肌を守り透明感あふれるオーラ肌へ♪

  • SPF50+ PA++++
  • 濃縮SK-Ⅱピテラ(整肌保湿成分)や天然由来の保湿成分を豊かに配合。
  • 紫外線から肌を守り、内側から健やかな肌へと導きます。
  • 肌の呼吸を妨げないような軽やかさでありながら、しっかりと肌を守ります。