今さら聞けない!CCクリームってどんなクリーム?

大ブームとなったBBクリームの後を追うようにして登場したCCクリーム。BBクリーム同様、優れた時短アイテムとして幅広い年代の女性に受けています。

今回はCCクリームにスポットを当てて、その魅力に迫ってみたいと思います。



CCクリームってどんなクリーム?

CCクリームは、「肌の色ムラを補正する効果」と「美容効果」の機能を兼ね備えたメイクアップ化粧品です。

そもそも“CC”とは何の略でしょうか?「BBの次に流行ったからCC!」と思っている方も多いのでは?確かにCCクリームの次にDDクリームやEEクリームも出たようですが、単にアルファベット順になっているわけではありません。

CCクリームの“CC”とは、BBクリームのように明確な定義があるわけではなく、メーカーによって解釈が異なります。

一般的には、コントロールカラー、カラーコンディション、カラーチェンジなどの略として使われることが多く、「Care & Control(ケア&調整)」の頭文字を取って、“CC”と呼んでいる場合もあるようです。

それぞれ解釈は違いますが、基本は「肌の色ムラを補正するクリーム」のことを指しています。

CCクリームの特徴

CCクリームの特徴は、肌の色ムラを補正してくれることと、光の反射を利用してシミや小じわ、肌のデコボコをカモフラージュしてくれること、そして美容成分とUVカット成分が配合されていることです。

そのためCCクリームは、それ1本で「化粧下地+UVカット+美容効果」の働きをしてくれます。最近は、ファンデーションの代りとして使う方も多いようです。軽いテクスチャーで伸びが良く、透明感のあるナチュラルな肌に仕上がります。

BBクリームとCCクリームはここが違う!

BBクリームの“BB”はブレミッシュバームの略で、ブレミッシュとは傷やシミ、バームは薬効クリームのことを意味します。つまりBBクリームとは、肌の欠点を隠して肌をケアするクリームのことです。

商品によっても異なりますが、一般的にBBクリームは「下地+コンシーラー+UVカット+ファンデーション+美容効果」の機能をもち、CCクリームは「化粧下地+UVカット+美容効果」の機能をもっています。そのためBBクリームはファンデーション不要ですが、CCクリームは上からファンデーションを重ねた方が、よりキレイな肌に仕上がります。

BBクリームはカバー力に優れ、肌の欠点を「塗って隠す」タイプです。一方CCクリームは、光の反射を利用して、肌の欠点を「カモフラージュする」にとどまります。その分BBクリームのテクスチャーは重めで、CCクリームは軽めです。

塗った後の肌感は、BBクリームはマットな仕上がりで、CCクリームは透明感のあるナチュラルな肌に仕上がります。

どちらが優れているとは言えません。しっかりカバーしたいときにはBBクリーム、ナチュラルなメイクにしたいときにはCCクリームというように、使う目的や好みに合わせて使い分けるのがおすすめです。

ただ最近は「塗りました!」的なマットなメイクより、すっぴん風のナチュラルメイクが主流になっているようです。今どきメイクを目指すなら、BBクリームよりCCクリームの方がおすすめかもしれません。

CCクリームの使い方は?

CCクリームの使い方で一番悩むのは、「化粧下地として使うべきか?それともファンデーションとして使うべきか?」という点です。

基本的には化粧下地として使うのが正解ですが、よりナチュラルメイクを望むなら、CCクリームの単品使いでもOKです。

実際ネットを調べてみると「CCクリームに下地は要る?」という質問もあるぐらいなので、最近は「CCクリーム=ナチュラルな仕上がりのファンデーション」として捉える人が増えてきたのかもしれません。

おすすめの使い方は、CCクリームの上からパウダーファンデーションまたはフェイスパウダーをつける方法です。このひと手間を加えることで、脂浮きのないきれいな肌に仕上がります。またアイブロウやアイシャドウなど、上から重ねたメイクも落ちにくくなります。

もっとしっかりメイクがしたい場合は、CCクリームの上からファンデーションとフェイスパウダーを重ねるのがおすすめです。

カバー力がアップして、それでいてBBクリームより透明感のある肌に仕上がります。どちらの場合も、CCクリームを薄くムラなくつけることがポイントです。

またCCクリームのカバー力はあまり高くないので、濃いシミや色ムラをカバーするにはコンシーラーが必要です。

さいごに

色を補正するCCクリームは、色味選びが大切です。妥協せず、自分の肌を一番キレイに見せてくれる色味を探してくださいね。

CCクリームを味方につければ、透明感のある若々しい肌が手に入ります。毎日鏡を見るのが楽しみです♪