佐々木昇|余罪多数か!わざと車にぶつかって弁償代を騙し取る




岐阜県各務原市で佐々木昇容疑者(57)が逮捕されました。

容疑は走行中の車にわざとぶつかり、「メガネが壊れた」として弁償代をだまし取る当たり屋行為です。



走行中の車にぶつかり「メガネ壊れた」弁償代騙し取った

報道は以下の通り

  • 事件現場は各務原市那加桜町の路上
  • 走行中の車にわざと自転車でぶつかり、「壊れたメガネのお金をくれ」と要求
  • 壊れた眼鏡は予め用意されたもの
  • 今回は、運転手の女性(43)から弁償代として現金2000円をだまし取った疑い
  • 4月22日にも「メガネが壊れた」とする当たり屋が現れていることから目撃情報などにより逮捕
  • 佐々木容疑者は容疑を否認している
  • 各務原市内では2019年5月ごろから「メガネが壊れた」などと弁償代を迫る当たり屋行為がこの2件を含めて9件相次いでいる

 岐阜県各務原市で走行中の車にわざとぶつかり、「メガネが壊れた」として弁償代をだまし取る当たり屋行為をしたとして57歳の無職の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは住所不詳・無職の佐々木昇容疑者(57)です。

 今年1月、各務原市那加桜町の路上で走行中の車にわざと自転車でぶつかり、「壊れたメガネのお金をくれ」などと言いながら、あらかじめ準備していた壊れたメガネを見せ、運転手の女性(43)から弁償代として現金2000円をだまし取った疑いが持たれています。

 警察によりますと、4月22日にも「メガネが壊れた」とする当たり屋が現れたことから、警察が駆け付けたところ、周辺で目撃情報に似た背格好の佐々木容疑者を見つけ、逮捕に至ったということです。

 調べに対し、佐々木容疑者は「覚えがありません」と容疑を否認しています。

 警察によりますと、各務原市内では2019年5月ごろから「メガネが壊れた」などと弁償代を迫る当たり屋行為がこの2件を含めて9件相次いでいて、警察は佐々木容疑者が繰り返し「メガネが壊れた」とする当たり屋行為をしていたとみて余罪を追及しています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00028177-tokaiv-soci

事件の現場

事件の現場は、岐阜県各務原市那加桜町の路上です。

各務原市内では2019年5月ごろから「メガネが壊れた」などと弁償代を迫る当たり屋行為がこの2件を含めて9件相次いでいるとのこと。

泣き寝入りをしている方もいると思いますので、心当たりのある方は、警察に届け出ましょう。

twitterから当たりや情報

今回の事件、ヤフコメの反応

ヤフコメからの学び

  • できればドライブレコーダーをつける
  • 面倒でも警察に連絡
  • 仮に保証をしなければならない状態でも必ず警察に通報
  • 請求書が来るまでお金は支払わない
  • 保険に入っているなら、保険会社を通す
  • ホームセンターやショッピングセンターの駐車場に、時計詐欺も現れやすい
  • ヒビの入ったメガネを用意した肩ぶつけバージョンもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タクシードライバーです。
このような場合には必ず警察へ通報してください。
現金を渡したら最後です。
また、走行中に自転車をぶつけるとありますが実際にぶつかったなら事故でもあります。
示談した後に逃げたと言われるとひき逃げとして扱われてしまいますので必ずその場に留まり警察へ通報してください。
やましい事がある場合は逃げます。
実際にぶつかって相手が逃げたなら当て逃げとしても処理できますので…
タクシーの扉を閉める時に壊れても良いメガネまたは壊れているメガネをわざと挟まれて示談金を要求してお金を盗られる事件も発生していますが、警察に通報と一言言うと逃げるそうです。
また、車内カメラで顔や行動は全て録画されていますので、どんなにウソをついても必ずバレます…

仮に保証をしなければならない状態でも必ず警察に通報し処理をしてもらった後に保険屋や当事者で保証の話を進めるようにしてください。
何かあると動揺したりパニックになりがちですが、まずは通報を優先できるよう落ち着く事が大事です。
大事な財産を守りましょう!
今は前後ドラレコがあった方が安心ですかねー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「メガネ壊れた」だけならまだよくはないですが軽い方では。質の悪い奴らは人身をほのめかしたりしますからね。人身が頻回だと、警察や保険会社に目をつけられるのがわかっての犯行か。そもそも、自転車は軽車両。車と自転車は車が悪くなる傾向がまだまだ強いが、そのあたりも事故の時や、普段の乗車の時の違反など同じようにならないものでしょうかね。

こんな浅ましい奴はどうせ生活保護も不正受給してるだろう。
こんな奴にも10万支給されるのかよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先ず事故が起きた場所で警察を呼びましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その場で必ず現金などを渡さないこと、そして保険屋に連絡すること、相手がなんだろうと請求書くるまでは信じないこと、保険はいってるなら保険会社から相手にでます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少額だと面倒臭いから払おうとするのはわかるけどつけ上がらせるだけだから通報するようにして欲しいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボトルクラッシャのメガネ版が。
同じメガネの当たり屋行為が多発したから怪しいと睨んだ警察が捜査を始めただけで一回だったら動かなかっただろう。
車の持ち主が警察を呼んでも調べもせず車が悪いと言われる可能性が大だから2000円で示談は安いですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドライブレコーダーの画像とかあればわかりやすいんでしょうけど、まだまだ普及率上がらないかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな奴は警察呼ぼうとすると逃げると思うよ、少額だと面倒臭いから払おうとするのはわかるけどつけ上がらせるだけだから通報するようにして欲しいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういえば新入社員の頃、秋田県出身の先輩が車の事故にあった時に、もともと故障してたノートパソコンが事故の衝撃で壊れたと嘘を言って買い替えたと自慢してたなぁ。
仕事も適当で、調子のいい性格でしたね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずその場で必ず現金などを渡さないこと、そして警察呼ぶこと、相手がなんだろうと請求書くるまでは信じないこと、保険はいってるなら保険会社から相手にでます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時計詐欺にも気をつけよう、ホームセンターやショッピングセンターの駐車場に時々現れる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

故意にぶつかるのは、ある程度ドラレコでも検証できそうだから、ドラレコ搭載必須だね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒビの入ったメガネを用意した肩ぶつけバージョンもある。厚木市で遭遇
近くに交番があるから一緒に行こうと言ったら、急いでいるとか言い出し慌てて逃げていった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

えぇ~接触事故なのに現金渡す方もおかしいでしょ!そこで人身事故扱いで警察呼べば相手は逃げたでしょうに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんとにぶつかったら、2000で済むなら、払ってしまいそう、警察呼んでなんだかんだするより安い気がする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事故も嫌だが、こんな奴に遭遇したくない。
実刑にしてほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道歩いてると細い道をスピードも落とさず歩行者のすぐ横を走り抜ける車がいるけど、ドアミラーに肘ぶつけてやろうかと思う事もある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな漫画みたいな事を平気でやれる人間は絶対更生なんかせんやろ。まして57歳て。終わってるやん

当たり屋にあった時の対処方法

不幸にも当たり屋に遭遇してしまった時の対処法をまとめました。

必ず警察に通報!

急いでいるときなどは、警察に通報せず話し合いで済ませたほうが楽かも・・
と思ってしまうかもしれませんが、かならず警察に通報しましょう。

警察が来たら、その場でキチンと現場検証をしてもらい、実況見分調書を制作してもらうことが大切。後になって、この書類が当たり屋の証拠になる可能性があります。

ぶつかった場所の写真を撮っておく

警察は、被害者と加害者と別々に話を聞きます。

当たり屋を商売にしている人は、うまく警察を騙すこともあるので、警察が来るまでに写真を撮っておきましょう。

自分の車の状況や相手の被害の状況について画像として証拠を残しておきましょう。

会話は必ず録音を!!

警察が来る前に話ができるようなら、その時の会話を録音しておきましょう。録音できない時は、相手の目の前でメモを取りながら状況を聞いておきましょう。

警察への状況を説明する時に急に被害を大きく報告されてしまうこともあります。

写真と録音、無理のない範囲でしておくことをおすすめします。後になって、これが当たり屋であるという証拠になる可能性があります。

示談については絶対に対応しない!!

相手が当たり屋だった場合は、「免許の点数も上がらないで済むので、示談で済ましましょう」などと説得されることもあると思います。後ろめたいので警察を呼ぼうとしません。

しかし、示談を提案されたとしても絶対に対応し内容に気をつけましょう。
警察を呼ばないで、示談に対応してお金を払ってしまったら、相手の思うツボです。その後、どのような請求をしてくるかわかりません。

かならず示談にせずに警察を呼びましょう。

現場から立ち去らない

相手が当たり屋だと判断した場合は、相手にしないほうがよいと判断して現場から立ち去ろうとする人も多いのですが、面倒でもその場に留まって処理しましょう。

相手が当たり屋かについては、確信したわけではないため、交通事故を起こしてしまった以上は、キチンと道路交通法に従った対応をする必要があります。

立ち去ってしまうと「ひき逃げ」と判断されることもあり、重い刑罰が処せられることもあります。

困った時は交通事故に詳しい弁護士に相談を

手におえなさそうなときには、早めに弁護士に相談をしましょう。

保険金詐欺がもし疑われるのであれば、弁護士が書類を取り寄せ、状況を分析することで、刑事告発や告訴などの必要な手続きを進めます。

今は、保険に弁護士相談のオプションを安い金額で追加することもできますので追加しておくことをおすすめします。