食生活に気を付けると肌もキレイに

肌のために始めたことではありませんが、豆腐、豆乳、大豆、鶏肉などタンパク質を多く摂取する食生活をしています。 すると、いつの間にか肌がキレイになっていることに気付きました。 私の肌は季節の変わり目や体調の変化で肌のコンディションが悪くなる、ちょっとした刺激で肌が荒れる敏感肌ですが、前よりキメが整って肌荒れしにくくなってきました。 タンパク質は肌を作る元になる成分、知らず知らずのう

続きを読む

日焼け止めに頼らない紫外線対策

暖かくなってくると徐々に気になり始めるのが紫外線です。 まだ暑くないから大丈夫と思っていても4月から9月の半年間に年間の紫外線総量の8割近くが降り注ぎ5月にはピークを迎えるとも言われます。 ところが紫外線対策で一般的な日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地には強い成分が含まれるもあり、敏感肌にとっては肌に負担になることもあります。 私は以前、スキンケアを愛用していたメーカーの日

続きを読む

手ぬぐいは敏感肌の必需品

敏感肌にオススメのアイテムは綿素材の手ぬぐいです。 手ぬぐいは目が細かくて柔らかく、何度も洗濯を繰り返して使い込んだものは肌になじみやすくなります。 タオル代わりに手や顔を拭く以外にも様々な用途に使えます。 浴用ボディタオルとして使ってもナイロンタオルのように肌を傷付けることがありません。 汚れや余分な角質を優しく落とせます。 私は旅行のときには必ず手ぬぐいも持っていくこ

続きを読む

ふんわりと香りを楽しむーアラムセンポール ペーパーサシェ

以前、洋服を買ったときにお店から記念品としてサシェをいただきました。 香りのアイテムはあまり好きではありませんでしたが、そのサシェの香りはとても自然で、下着と一緒に入れていました。 下着を身につけるとフワッと香りに包まれ、でも服を着ると分からなくなってしまうほどのほのかな香りです。 効果は1ヶ月程度とのことでしたが、かなり長い間楽しめたと思います。 でもさすがに1年

続きを読む

ふわふわ!八ツ橋屋さんの純米シフォン

京都にチョコミント味のシフォンケーキがあるらしい。 そんな話を聞き、チョコミント好きの私はすぐに調べてみたところ確かにありました! https://twitter.com/_misamisa28/status/1021050497447342080 チョコミントのシフォンケーキ、しかも米粉を使った純米シフォンだそう。 どんなパティスリーかと思ったら、八ツ橋の老舗、本家西尾八

続きを読む

「森のおはぎ」のおはぎセット、いくつでも食べらちゃう

大阪・豊中市に創作おはぎのお店がある、そんなネットのニュースを読んだのはいつのことだったでしょうか。 一般的にイメージするおはぎとは違った見た目のかわいらしいおはぎがそこには並んでいました。 見た目だけでなく、雑穀や穀米など素材にもこだわっている様子がうかがえます。 https://twitter.com/_misamisa28/status/102103135584756531

続きを読む

敏感肌に欠かせない乾燥対策

敏感肌の私は一年を通じて肌の保湿に気を付けています。 乾燥すると痒みや刺激を感じることもあるし、乾燥してかさついた肌の自分は鏡で見ても疲れた印象を受けるからです。 普段のスキンケアでは化粧水、美容液にプラスして植物性のオイルで保湿をしています。 乾燥が気になる季節は、寝るときにマスクを付けて乾燥しがちな口元を保護しています。 もともと喉を守るために始めたマスクですが、マスク

続きを読む

素材と同じくらい大切な洗浄剤選び

敏感肌にとって、直接触れる衣類やタオルなどは素材選びも大切ですが、普段の洗濯においても気を付けていることがあります。 それは肌に優しい洗浄剤を使うこと。私は粉石けんを愛用しています。 「粉石けん」というと多くの人が自分も使っていると思うかもしれませんが、「粉末の洗浄剤」という意味ではなく、品質表示で「石けん」と表示されている物のことです。 粉末であっても「肌に優し

続きを読む

素材だけにこだわらない敏感肌の衣類選び

石けんや化粧品など低刺激の物を使っている敏感肌の私は、衣類やタオル、寝具など肌に直接触れる物もできるだけ綿やシルクなど天然素材の物を選ぶようにしています。 装飾の多いインナーは難しいのですが、素材だけにこだわって見た目がイマイチというのも身に付けていて楽しくないので、神経質になりすぎず素材もデザインも同じくらい重視して選び、良い物が見つかれば色違いや同じシリーズで買いそろえたりしています。

続きを読む

デリケートゾーンのケアは、人に見せない部位だからこそ

突然ですが、あなたはデリケートゾーンを習慣的にケアしていますか? デリケートゾーンのケア? と思うかもしれませんが、最近ではVIO脱毛をしている人も増え、すぐにデリケートゾーンケアは当たり前の時代になりつつあります。 デリケートゾーンをケアしているかどうかがなんて、人に見せるものではないのだからどちらでもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、人には見せない部位だからこそ「内からに

続きを読む