夜中に目が覚めてしまう場合の原因と対応について

一日分の体の疲れをしっかり取るにはしっかりとした睡眠をとることが大切です。

本当はぐっすり朝まで寝ていたいのに、なぜか夜中に目が覚めてしまうことはありませんか。

まず考えられる原因は、日中の運動が少なかったことが挙げられます。
疲れれば疲れるほど、体は回復しようと長く眠りにつこうとします。
運動会や遠くへ出かけた日など、体をよく動かした日にはぐっすり眠れたりしませんか。
もし、あまり運動をしていない日でしたら、体はそれほど疲れていないので、睡眠時間を短くしてもいいかもしれません。

また、明るい照明の刺激も熟睡するためにはあまりいいことではありません。
できれば眠る前には準備として部屋を暗めにして、光の刺激がなるべく少ない環境にしておくのがおすすめです。
それができなくても、就寝時には明かりをつけたまま眠るのは避け、しっかり消灯するようにしましょう。

またお酒を飲む人の場合、アルコールの摂り過ぎが熟睡を妨げている可能性もあります。
どうしても眠る前にお酒が飲みたいのであれば、深酒はせずに、適量を心がけてください。

以上が夜中に突然目が覚めてしまう睡眠障害、中途覚醒の主な原因です。
心当たりはあったでしょうか。急には変えられなくても、この機会にすこし見直してみるといいかもしれません。



コメントは受け付けていません。