化粧崩れを防ぐ朝の時短スキンケア|化粧水がポイント!




忙しい朝は、できるだけスキンケアも時短で済ませたいですよね。化粧崩れを防ぐ朝の時短スキンケアのポイントは化粧水の付け方!

化粧崩れを防ぐ、朝の時短スキンケアの方法を紹介します。



化粧水で水分と脂分のバランスを整え、皮脂分泌を抑える

時短スキンケアで化粧崩れを防ぐためには、お肌にたっぷり水分を与えて、水分と脂分のバランスを整えることが大切です。

そのためにおすすめなのは、スプレータイプの化粧水を活用すること!スキンケアで化粧水を付ける前に、スプレータイプの化粧水をたっぷり使うことで、化粧水が肌の角層の隅々まで届くため、水分と脂質のバランスが整います。

すると、過剰な皮脂分泌が抑えられるので、日中に余分な皮脂が出にくくなり一日中ベタつきやテカリも抑えることができるのです。さらに、ファンデーションや化粧下地など、紫外線から素肌を守ってくれるベースメイクが崩れにくくなるため、肌への紫外線リスクも抑えることが出来ます。

化粧崩れを防ぐ朝の時短スキンケア

化粧崩れを防ぐための、朝の時短スキンケアの方法を紹介します。

スプレー化粧水を吹きかける

洗顔後すぐに、スプレー化粧水吹きかけます。顔から20cmほど離れたところから、水滴がつくまで顔全体ににたっぷり吹きかけましょう。

化粧水をつける

スプレー化粧水を顔全体に吹きかけたら、水分が残った状態で化粧水を付け、手のひらで押さえます。額や顎先、目の周りは小鼻・口元まで細かい部分も忘れずに!

この時、急いでいるからと言ってハンドプッシュで化粧水を浸透させることを省き次のアイテムを重ねてしまうと成分が肌にまだらに作用してしまうため効率がダウンしてしまうことに。化粧ノリが悪くなる原因にもなります。

急いでいても、ハンドプッシュして肌になじませる工程は省かないようにしてくださいね!

どうしても時間がない!という方は、オールインワン化粧品もおすすめです。

乾燥しやすい部分に乳液とクリームをつける

化粧水が肌に浸透したら、乳液、クリームを乾燥しやすい部分に重ねづけします。

特に乾燥しやすい目元にしっかり重ね付けしておくと日中の潤いが保たれて化粧崩れがしにくくなります。