じゃがいもが腐るとどうなる?緑色や変色、芽が出たじゃがいもは食べられるの?




日持ちもして、あらゆる料理に使えるじゃがいも。

そんな使い勝手のいいじゃがいもを、常備している家庭も多いでしょう。

でも、じゃがいもを保存していたら、いつの間にか傷んだり変色したりすることがあります。

「これって食べても大丈夫?」「腐ってない?」と心配になってしまいますよね。

じゃがいもが腐ると、汁が出たり、臭いがしたり、カビが生えたりします。

そうなると食べられませんので、潔く処分しましょう。

ですが、緑や赤やピンクに変色していたとしても、腐っているワケではありません。

そうは言っても、じゃがいもが緑色になっていたら毒を含んでいるので、食べてはダメ。

緑の部分をしっかり取り除くか、食べずに処分したほうがいいです。

一方、じゃがいもの中が赤やピンクになっている場合は食べても大丈夫です。

体に害はないので、普段通りに調理して食べましょう。

ここでは、じゃがいもが緑や、赤やピンクに変色したり、芽がでたりした時の対処法についてお伝えしていきます。

状態によっては体に害になることもありますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。



じゃがいもが緑や、赤やピンクに変色しているのは食べて大丈夫?

じゃがいもを料理に使おうと思って取り出したら、「臭いがする」「なんだか色が変?」ってことがありますよね。

汁が出たり、臭いがしたり、カビが生えたりしたら、明らかに腐っているので処分しましょう。

では、変色している場合はどうなんでしょうか?

我が家でもじゃがいもが緑だったり、赤かったりしてビックリしたことがあります。

その時はなんだか不安で捨ててしまいましたが、なぜあんなことになっていたのか気になったので調べてみました!

じゃがいもが緑になっていた場合

まず、じゃがいもが緑になっていた場合から見ていきましょう。

緑色の正体は、実は「ソラニン」や「チャコニン」と呼ばれる天然の毒素なんです。

そのため、じゃがいもの緑になった部分をたくさん食べると、吐き気や下痢、腹痛などの症状が出ることがあります。

ですが、緑の部分をしっかり取り除けば食べることはできます。

それでも気になる方は、処分したほうがいいですね。

じゃがいもが緑になる原因

では、なぜじゃがいもが緑になってしまうのでしょうか?

原因の一つに、日光に当たり過ぎてしまったことが挙げられます。

じゃがいもは日光に当たると、緑化と言って緑に変色してしまうんです。

そのため、じゃがいもが緑になるのを避けるには、日光を当てないことが大切。

新聞紙などに包んで、風通しのいい涼しい場所で保存するようにしましょう。

じゃがいもが赤やピンクになっていた場合

次に、じゃがいもが赤やピンクになっていた場合を見ていきましょう。

結論から言うと、中が赤やピンクのじゃがいもは、食べても大丈夫です。

「見た目がちょっと・・・」と思うかもしれませんが、体に害はありません。

じゃがいもが赤やピンクにる原因

では、どうしてじゃがいもの中が赤やピンクになってしまうのでしょうか?

その原因は2つ挙げられます。

低温障害

一つ目は低温障害が原因の場合です。

じゃがいもが成長する時に低温だと、中が赤くなったりピンクになったりすることがあるんです。

これは、リンゴやイチゴが赤くなる成分と同じなので、安心してください。

ポリフェノールが酸化

二つ目はポリフェノールが酸化したことが原因の場合です。

じゃがいもにはポリフェノールが含まれています。

このポリフェノールが空気に触れると、酸化して色が変わってしまうんです。

じゃがいもを切ってからしばらく経って赤やピンクになった場合は、酸化したことが原因と考えられます。

リンゴも切ってからしばらく置いておくと変色しますよね。

リンゴにもポリフェノールが豊富に含まれます。

つまり、じゃがいもの変色もリンゴの変色と同じことなんです。

これらのことが分かれば、じゃがいもが赤やピンクになっていても心配しなくても良さそうですね。

ジャガイモに芽が出たら捨てるしかないの?

ジャガイモを保存していたら、芽が出ていることがありますよね。

ジャガイモの芽には、あまりいいイメージを持たない方も多いと思います。

実際、ジャガイモの芽にはソラニンやチャコニンという毒が含まれています。

そのため、ジャガイモの芽を食べると、吐き気や下痢、腹痛などを引き起こしてしまうことがあるんです。

「だったらジャガイモに芽が出たら捨てるのしかないの?」って思いますよね。

ジャガイモは、しっかり芽を取れば食べても大丈夫。

芽だけではなく芽の周りも、包丁の角でえぐるようにして取り除きましょう。

気になる場合は、さらに水にさらすといいです。

水にさらすことで、残っていたソラニンやチャコニンをある程度、溶け出してくれますよ。

ジャガイモは芽を取り除けば食べられますが、安全のためには芽が出る前に早めに食べるほうがいいと言えますね。

じゃがいもが腐るとどうなる?のまとめ

じゃがいもが緑や赤やピンクなどになっていても、決して腐っているワケではありません。

ですが、じゃがいもが緑色になっていたら、その緑の部分には毒が含まれています。

その毒を食べてしまうと吐き気や下痢、腹痛などを引き起こしてしまうので、しっかり取り除くか、食べるのは辞めたほうがいいです。

また、じゃがいもが赤やピンクになっていた場合は、体に害はないので食べても大丈夫です。

見た目は悪いですが、美味しく食べきってしまいましょう。

芽が出たジャガイモは食べられる?芽はどれくらい取ればいい?どこまで伸びたらアウト?