お遍路を車でまわるモデルコースを紹介♪日数や費用、難所も紹介します。




四国八十八ヶ所巡り、皆さんはお遍路の旅をされたことがありますか?

私は実際にお遍路の旅をしたことがありませんが、身近な方がお遍路の旅をされたことがありお話を聞いたことがあります。

お遍路の旅をされる方は、お参りをしながらこれまでの人生を振り返ったり、自分の気持ちを整理しながら旅をされているようです。

お遍路様といえば歩いてお参りをするイメージですが、 車などでも回ることが できる んですよ。

私の身近な方がお遍路の旅をされた時は、バイクでしたというお話を聞きました。

ですが、 お遍路の旅をしてみたくても、車でできるの?などと、まだ旅をしたことがないという方もいますよね。

そこで今回はお遍路を車で回ることについて紹介していきます。



お遍路を車でまわるのにかかる日数と費用はどれくらい?

まず四国八十八ヶ所巡りをするには、 車では約1400 km も移動することになるんですよ。

八十八ヶ所を巡るためのガイドや解説書などもありますが、 そちらには 車でお遍路は全部回るまでに約11日間かかる とされています。

まず車でお遍路する時は、単純計算で1日140キロ10日間移動するということを目安にお遍路の移動計画を立ててみてくださいね。

そして車でお遍路を回る場合はどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

  • ガソリン代  車種などにもよりますが10日間で約2万円前後
  • 宿泊料金  10日間で宿泊場所にもよりますが一人10万円程度
  • 巡拝用品代
  • 納経用品代
  • お寺の納経代
  • 食事代

などが必要になります。

一人でお遍路を回るとしても、 大体10日間で15万は必要になる と考えておくといいですね。

ただしこれは自家用車で回る場合ですね。

もしレンタカーを借りてお遍路を回る場合は、八十八ヶ所回るまでに10日以上かかってしまうことも考え、 目安よりも1日長くレンタカーを借りるとして、11日で大体9万円ぐらいから借りることができるでしょう。

ですから自家用車でお遍路を回るよりも10万円ほど多く必要になると考えておく必要があります。

おさえておきたい、お遍路を車でめぐる時の難所と気を付けること

四国八十八ヶ所巡りを初体験、 初めてのお遍路が車という方は、現地などの交通状況なども気になりますよね。

車遍路をする時には、次のような事に気をつけましょう。

基本的にお遍路は札所を番号順に回っていくのが一般的な回り方ですが、車遍路する場合は 回りやすいルート も知っておくといいですよ。

まず 徳島では番号順よりも回りやすいルートがあります。

11番から12番に行く際は 、12番の場所が山の上のため迂回ルートを選ぶ方が安全です。

山道を進んで行く道があるのですが、山道で狭いので残暑として有名になっています。

迂回ルートは国道192号線を進んで東に向かうと、 13番から17番が近い位置にあります。

先に13番を参拝してから12番に向かうと良いですよ。

そして18番に向かうと順番は変わりますがスムーズに回ることができますよ。

つまり、11番・17番・16番・15番・14番・13番・12番・18番の順番に回るのがおすすめです。

車でお遍路している方も大勢いらっしゃり、よくこのルートで回られているようですよ。

車でお遍路する時はカーナビをセットして回られる方も多いと思いますが、11番からそのまま12番に向かうようにセットしてしまうと、 反対側から車が来ても交わすことができないような狭い道を、1時間以上走らなければなりません。

少しハンドル操作を間違うと大きな事故になりかねないような道ですので、安全な行き方として、 11番から17番に向かうようにカーナビをセット して、そこから13番まで順番に回り、13番から12番へ行く道をセットすると行きやすい道を教えてくれますよ。

車移動には難所がありますので、前もって確認しておくと、現地でもスムーズに八十八ヶ所巡りができるでしょう。

お遍路を車でまわるモデルコースのまとめ

八十八ヶ所巡り全部回りきるためには、計画通りに進めていきたいものですよね。

車お遍路も難所があり危険な場所がありますので、予めどのように回るのか参考にすることで、現地でスムーズにお遍路ができるようになりますよ。

是非参考にして、四国八十八ヶ所巡りを癒しの旅となるようにしてくださいね。