食べ過ぎ注意!ピーナッツが体に及ぼす影響と健康的な食べ方




食べ始めたら止まらない・・・。

そんな、ビールのおつまみにもぴったりな ピーナッツ、私も大好きです。

ですが、美味しいからと言って食べすぎてしまうと、体に異変が起きる事もあるんです!

 ピーナッツは食物繊維と脂質が多いので、消化しにくい食べ物 です。

そのため、食べすぎてしまうと、腸でしっかり消化・吸収できず、下痢や便秘になってしまうことがあります。

また、ピーナッツの皮に含まれる「タンニン」という成分を取り過ぎると、腸の働きを低下させるので、同じように下痢や便秘になってしまうことも・・・。

そして、毎日大量に食べ続けると、ある日、突然アレルギーを引き起こすこともあります。

でも、ピーナッツは 栄養も豊富で、健康や美容にも効果的 なので、適量 を食べるのはとてもいいことです。

20粒~30粒が適量なので、それを守って健康的になりましょう!

それでは、ピーナッツの食べ過ぎで起きる体の不調や、健康的な食べ方についてお話していきたいと思います。



ピーナッツの食べ過ぎが引き起こす腹痛の原因 下痢や便秘にも

ピーナッツをたくさん食べると、お腹が張った状態になることがありませんか?

それは、 食物繊維の働きで腸が活発に 動き、腸内に ガス がたまった状態なんです。

冒頭でも書いたように、 ピーナッツは食物繊維と脂質が多い食べ物 です。

食物繊維は適量を食べると、便秘解消 にもいいと言われますよね。

でも、大量に食べてしまうと、食物繊維が水を含んでしまって、腸内でふくらみすぎてしまいます。

すると、なかなか排出されにくくなってしまうんです。

また、脂質も採り過ぎると腸に負担をかけてしまいます。

そのため、消化不良の状態になっていて、便秘や下痢を引き起こしてしまいます。

他には、 ピーナッツの皮でも、下痢や便秘 が起きることがあります。

ピーナッツの皮には「タンニン」という成分が含まれています。

この「タンニン」という成分、 腸の働きを低下 させてしまうらしいんです。

また、毎日大量に食べていると、ピーナッツアレルギーになる可能性も出てきます。

湿疹が出たり、呼吸が苦しくなったり、ひどい場合は死亡してしまうことも・・・。

腹痛だけでなく、アレルギーにならないためにも、ピーナッツを食べすぎるのは辞めましょうね。

ピーナッツの食べ過ぎで鼻血?うわさの真相と適量の目安

「ピーナッツを食べ過ぎたら鼻血が出るよ!」

小さい頃、言われた人も多いんじゃないでしょうか?

でも、これ 医学的根拠はない ようです。

食べ過ぎを防ぐために、誰かが言い始めたのかもしれません。

また、 ピーナッツに含まれるビタミンEには、血流をよくする働き があります。

血流がよくなるから、鼻血が出てしまうと勘違いされたのかもしれませんね。

ですが、鼻血が出ないとしても、腹痛やアレルギーの原因にはなるので、食べ過ぎるのはよくありません。

 適量は1日20粒~30粒 です。

消化を良くするためにも、しっかり噛んで食べるようにしてくださいね。

また、バターピーなど加工されているピーナッツは、塩分や脂分が多いです。

健康のために食べるのなら、加工があまりされていないピーナッツがいいと思います。

殻付きピーナッツなら、殻をむくのが大変なので、食べ過ぎを防いでくれるかもしれませんね。

そして、ピーナッツを食べるとこんなにいいことがあるんです。

  • アンチエイジングになる
  • 生活習慣病を予防してくれる
  • 太りにくくなる
  • 二日酔いの予防になる
  • 血行が促進される

適量を食べることで、 美容にも健康にもとても効果 があります。

ついつい食べ過ぎてしまいますが、気を付けるようにしましょうね。

食べ過ぎ注意!ピーナッツが体に及ぼす影響と健康的な食べ方のまとめ

ピーナッツの食べ過ぎが、腹痛やアレルギーの原因になることが分かっていただけましたか?

義母がピーナッツ好きなので、しょっちゅうプレゼントしていましたが、気を付けようと思いました。

でも、適量を食べるのは体にもいいことなので、ぜひ日頃の生活にも取り入れてみてくださいね。