コロナに効く、と83歳の女性を騙して15万円の漢方薬を売りつけようとしたまなべ妙薬堂の社長らが逮捕されました。

逮捕されたのは、まなべ妙薬堂を経営する山中永貴容疑者(42)と従業員の池光了一容疑者(41)です。

世界中が新型コロナウィルスで不安になっているときに、便乗して騙そうとするなんて悪質です。



コロナ商法、まなべ妙薬堂の経営者が違法販売

 大阪府羽曳野市で訪問販売に訪れた住宅で新型コロナウイルスに効くとうたって漢方薬の売買契約をした際、書面が不十分だったとして、大阪府警生活経済課は16日、特定商取引法違反(不備書面交付)の疑いで、同府松原市の漢方薬販売会社「まなべ妙薬堂」社長山中永貴容疑者(42)=大阪市阿倍野区=ら男2人を逮捕した。

逮捕容疑は15日、羽曳野市の1人暮らしの80代女性宅を訪れて漢方薬の売買契約を結んだ際、必要事項が書かれていない書面を渡した疑い。「はやっているコロナにも効きますよ」とうたっていた。2人は容疑を認めている。

引用元:Yahoo!ニュース

今回は、女性の家族が不審に思い、契約後すぐに返品を要求したので、被害に合わずに住みました。

警察にも通報したため、まなべ妙薬堂の経営者らも逮捕され、新たな被害者を産まずに済んだのは幸いです。

しかし、この会社はもともと公民館などに高齢者を集めて漢方薬などを販売していたそうで、余罪もありそうな気がしますね。

もしかしたら、騙されたことにも気づいていないお年寄りがいるかも知れません。

徹底的に操作してほしいですね。

事件があった場所は大阪府羽曳野市

今回、騙された女性が住んでいたのは大阪府羽曳野市です。

まなべ妙薬堂薬局の場所

今回、違法販売をした「まなべ妙薬堂薬局」の住所は
〒580-0025 大阪府松原市北新町4丁目10−24▼

*「まなべ妙薬堂」は、大阪で漢方薬を専門に扱っている会社で、店舗名は「あまみ妙薬堂」のようです。報道では、まなべ妙薬堂とあまみ妙薬堂の両方で報道されています。

犯行の手口

池光容疑者は「マスクが必要ならあげる」などと言って訪問し、「コロナにも効く」と高額の漢方薬の購入を持ちかけていました。

池光容疑者は「15日だけで7、8軒を回った」と供述していますから、他にも騙されている人はいるかもしれません。

どんな薬を販売?

牛の胆石「牛黄(ごおう)」などの成分が含まれた漢方薬で、一箱30カプセル入りの漢方薬(計14万7000円)ということです。

たしかに、「牛黄(ごおう)」は高額な漢方薬ではありますが、15万円って、かなりの高額ですよね。

ネットの情報

  • 今回逮捕されたところは、普段は普通に漢方薬を売っているところですよ。松原 天王寺阿倍野 藤井寺 羽曳野とかで時々訪問しています。経営者らも陰キャラ系であまり儲けてなかったと思います。
    大手の会社なら、再就職させてる警察OBの入れ知恵で、抽象的な言い回し広告で法律的にはギリギリセーフと逃げ切れるのですが。
    今回の小さな貧乏店はそういう知識もなかったようです。
    Googleマップで見ると、この店のショボさが分かります。
  • コロナに効くクスリを
    販売してるならなんで株式を
    上場しないんだ・・(笑)
    連日のストップ高だろう・・ww
  • 松原商工会議所のHPでは
    「病院や老人ホームなどとも連携し、健康講座を開催したり、体にやさしい漢方やサプリメントを相談販売しております」ってすごい胡散臭さい文言だ
  • アビガンを訪問販売すれば良かったのに。
  • こういう弱味につけ込むような詐欺やったら極刑にするべき

コロナ便乗商法は他にも!

まず、今回と同じような「コロナに効く薬」を高額で売りつけられるケース。

薬は、お金を騙されるだけではなく、飲んでしまったときの健康被害の恐れもありますので、特に注意が必要です。

今回の事件のように、ご家族など周りの方が気づいてあげられるといいですね。

オレオレ詐欺のコロナ版も増殖中です。

日頃、オレオレ詐欺に気をつけている方でも、今回のコロナ騒動は今までになかったようなことが次々と起きている状況。

まさか!そんなことが!ということでも、信じてしまう可能性も・・・

「コロナ」に関する電話がかかってきたら、詐欺も疑いましょう。

ただ、今回は本当に「コロナ」関連の聞き取り調査なども行われているようですから、悩ましいところではありますね・・・。

偽サイトにも注意です!

情報を得ようとして、いつもは開かないようなサイトも開いてしまうこともありますよね。

スマホやPCには、セキュリティソフトを入れておくことと、まずは国などの公式サイトから確認するようにしましょう

いまは、マスクに釣られてしまう方が多いですね。

今回の、高額漢方薬の違法販売も、最初は「マスクをあげる」というところから始まっています。

家にいる場合は、マスクは不要です。

マスクは、感染しないためのものではなく、自分の飛沫を外へ飛ばさないためのもの。

ですから、手作りマスクや布マスク、なければハンカチやタオルでも大丈夫!

もう、まともなマスクは売っていないと諦めて、他のものでの代用を考えましょう

電話でコロナ助成金や補助金が出るので手続きを、というケースもあります。

残念ながら、行政はそんなに親切ではありません!!

今は、こちらから相談に行っても混んでいて聞いてもらいないことも多いんです(;_;)

補助金が出る、というお知らせまではいいとしても、銀行口座、カード番号、暗証番号、などの個人情報を聞いていくるときは注意しましょう!

和歌山県のまなべ妙薬堂 (株式会社山田商事)は違いますよ!

ちなみに、ネットの情報で間違えた情報が一部で拡散されているようですが、和歌山県のまなべ妙薬堂さんは事件とは無関係なので、気をつけてくださいね。

「和歌山県のまなべ妙薬堂」和歌山県日高郡印南町島田3126-140