赤ちゃんが快適な部屋作り。温度や湿度はどうする?【冬編】




なんか機嫌悪いな?寒いのかな?」「顔が赤いな?暑いのかな?」など、赤ちゃんが快適に過ごせているか気になるママも多いと思います。

赤ちゃんは泣くことでしか不快感を伝えられないので、ママはどうしたらいいか困ってしまいますよね。

冬場に、赤ちゃんが快適に感じる部屋の温度は20~22℃、湿度は50~60%と言われています。

冬場に、赤ちゃんが快適に感じる部屋
  • 温度・・・20~22℃
  • 湿度・・・50~60%

気温の低い冬場は部屋の温度に気を付けることはもちろんですが、空気が乾燥しやすいので湿度にも気を付けなければいけません。

今回は、赤ちゃんが冬場、快適に過ごすための部屋作りの方法についてお伝えします。

赤ちゃんにとって快適な温度や湿度を知っておけば、ママも安心して冬を過ごせると思いますよ。



赤ちゃんの冬の快適な部屋の<温度と湿度>を知っておこう

赤ちゃんは寒くても自分で服を着ることができませんよね。

また、暑くても泣くことでしかママに知らせることができません。

そのため、赤ちゃんが快適に過ごすためには、ママやまわりの大人が環境を整えてあげることが大切です。

冒頭でも書いたように、冬場に赤ちゃんが快適に感じる部屋の温度は20~22℃、湿度は50~60%と言われています。

冬は部屋の温度を上げるために、暖房器具を使う家庭が多いと思います。

あなたはエアコンなどの暖房をつけたときに、「部屋が乾燥しているな」と感じたことはありませんか?

冬はただでさえ空気が乾燥しやすい季節です。

さらに暖房をつけるともっと乾燥して、湿度が驚くほど低いことがあります。

湿度が下がると肌が乾燥したり、インフルエンザなどのウィルスにも感染しやすくなったりするので、湿度を上げてやることが必要です。

湿度を上げるには、加湿器 がぴったりです。

暖房器具と併用して加湿器も使うようにしましょう。

加湿器がない場合は、濡れタオルを部屋に干したり、お湯の入った洗面器を置いたりするだけでも違いますよ。

赤ちゃんが冬快適に過ごすためにも、温度だけではなく湿度にも気を付けてあげてくださいね。

赤ちゃんに快適な冬の環境づくりはどうすればいい?

赤ちゃんの冬の快適な部屋作りには、温度と湿度の調整が必要なことが分かっていただけたと思います。

赤ちゃんが快適に冬を過ごすためには、部屋の温度や湿度の他に、服装にも気を配ってあげましょう。

「寒いからたくさん服を着せなければ・・・」とあなたは思っていませんか?

私は思っていました。

私にも冬産まれの息子がいますが、寒いだろうと思って家の中でもたくさん服を着せたり、布団をかけたりしていました。

そうしたら、背中に湿疹が・・・。

なんと冬なのにあせもを作らせてしまったのでした・・・。

赤ちゃんは大人に比べて体温が高く、大人のようにたくさん着こまなくても大丈夫なんです。

冬でも家の中では、短肌着+長肌着+ロンパースなどの上着の3枚でOKです。

夜中は寒くなるので薄い毛布+布団で調整したり、寝相が悪い赤ちゃんは厚手のスリーパーを使ったりするといいですよ。

また、赤ちゃんの体にさわってみるのも大切です。

足が冷たかったり、体に汗をかいていたりする場合は、温度や湿度を変えたり、服装で調整したりするようにしましょう。

部屋の温度や湿度や服装だけで判断せず、赤ちゃんの体にさわることで快適に過ごせているかそうでないかチェックすることができますよ。

赤ちゃんが快適な部屋作り。温度や湿度はどうする?【冬編】のまとめ

赤ちゃんが冬場、快適に過ごすことのできる温度は20℃~22℃、湿度は50~60%と言われています。

冬は乾燥しやすい時期なので、加湿器などを使って部屋の湿度を上げるようにしましょう。

また、赤ちゃんが冬場快適に過ごすためには、部屋の温度や湿度だけではなく服装も大事です。

私みたいな失敗をしないためにも、赤ちゃんの様子をみながら服装を調整してあげてくださいね。