なりたい自分になるために、美容整形って、やっぱり近道ですよね。

でも!

せっかく美容整形をしても、後になってから、後悔しては、台無しです。

上手に美容整形を受けるためのポイントをまとめました。



1:わからない事は、しっかり聞こう!

本や、ネットで勉強しても、美容整形やプチ整形って、やっぱり、わからないことも多いし、不安もありますよね!

美容整形は、納得して受けてこそ、望んだ効果を得られるものです。

施術方法、値段、術後のお手入れ法、通院回数、リスク・・・など、気になることは、どんどん聞くようにしましょう。

とくに、「私の場合はドウなのか」広告を見て、ついふらふらと美容整形を・・・。なんていうのはダメです!

カウンセリングを受けて、細かいことまで、しつこいくらいに聞いて見ましょう。

そこでの受け答えに、違和感を感じたり、納得できないようなら、ちがうクリニックでカウンセリングを受けなおしましょう。

かならず、納得できてから、美容整形にチャレンジしましょうね!

2:口コミで評判を確かめよう!

雑誌に載っている広告や、TVで特集されていたりすると、とても良いクリニックのような気がしてしまいますよね。

美容整形外科のサイトに載っている、施術レイや体験談を見ても、やっぱり、悪い事って、書いていないものです。

どんな広告より、口コミに勝る情報はありません。

美容整形したよ~!なんて、堂々と宣言してる人って、あまり、身近にはいないと思いますけど、2chや、ブログや日記、口コミサイトなどから、ウワサをいろいろ拾ってみましょう。

そのうえで、冷静に判断する事も大切です。

3:その「美」は、値段に見合っている?

確かに、美容整形って、きれいになれます。

でも、美容整形で手に入れた「美しさ」は、リスクや費用と見合っていますか?

美容整形の中には、プチ整形など、効果の期間が短いものもあります。

それでも、いい!

そう、納得してから、美容整形やプチ整形を受けるようにしましょう。

4:雑誌や広告を鵜呑みにしない

雑誌やテレビ、インターネットなどで、派手に宣伝をしていると、ついつい、その気になってしまいますよね・・・。

されに、「最新の」とか、「スーパー〇〇」とか、他とは違う名前が付いていると、ちょっと、値段が高くても、こっちのほうがいいのかな~とか・・・。

宣伝しているところが、すべて悪い、というわけではないけれど、内容と、値段、とにかく、冷静に判断しましょうね!

5:コレが一番大切!どんな私になりたいの?

美容整形や、美容整形のクリニックについて情報を集める事も大切。

でも、コレが一番大切!

どんな風になりたいのか?

意外と、ここがしっかりイメージできずに、ただ、ただ、美容整形さえ受ければキレイになれる、と思い込んでいる人も多いかも。

そんな、あやふやなまま、整形手術を受けてしまうと、どんなにすばらしい治療を受けても、結果に納得がいかずに、「この美容整形は失敗だった・・・」なんて、後悔するハメになってしまうかも。

たとえば、ほうれい線のシワを取りたいから、「シワにヒアルロン酸を打ってください」なんて、クリニックへ行っても、もしかしたら、そのシワは、歯並びが悪いせいかも知れません。

「小顔になりたいから、エラを削れば、きっとキレイになれるはず!」と、思っていても、エラを削るのは、結構大変な手術だし、サイズをきっちり測って、小さくなければいけない、というわけではなく「小顔に見えるように」すればいいのです。

たとえば、「エラを削りたい」とクリニックへ行くよりも、「小顔になりたい」と、イメージが決まっていれば、「鼻やあごにヒアルロン酸を注入し、すこし尖らしてみる」とか、「唇にヒアルロン酸を入れてプックリさせてみる」とか、いろいろな、アドバイスが受けられるかもしれません。

それに、ドクターによって、得意な手術、というのもあるはず。

また、「ココのお肉をちょっと取りたいから、脂肪融解の注射を」といっても、その「お肉の具合」によっては、脂肪融解の注射のリスクや費用などと、効果を天秤にかけてみたら、家ですこしエクササイズをがんばってみたら・・・。なんて、アドバイスがあるかもしれません。

とにかく、「どんな風になりたいのか」そのイメージは、本人である、あなたにしか決められません。

それから、そのためには、どんな方法があり、そのリスクなどについても理解して、冷静に比較検討してから、納得して美容整形を受けましょう。

美容整形は、目的ではなく、あくまでも、私をキレイにするための手段、であることを忘れずに!

6:自分にぴったりのドクターを探そう

どんなに、有名な名医でも、あなたと、あなたのための美容整形にピッタリ合うかはわかりません。

凄腕の、美容整形外科医でも、自分の望みをきちんと伝えられなかったら、やっぱり、納得のいく結果にはならないでしょう。

自分の話を伝えやすい、信頼できる、そんなドクターを見つけられるまで、じっくりカウンセリングを受けてみましょう。

なりたい自分になるために、美容整形って、やっぱり近道ですよね。

でも!

せっかく美容整形をしても、後になってから、後悔しては、台無しです。

上手に美容整形を受けるためのポイントをまとめました。

7:病院の名前で選ばない

マスコミでよく取り上げていたり、芸能人が通っていたり、そんな、有名なクリニックなら、安心かも・・・。

やっぱり、そんな風に思いがちですよね。

でも、実際に手術をしてくれるのは、あなたの、手術を担当してくれる医師です。

今まで、どれだけの患者を施術してきたのか、医師個人の経験のほうが大切です。

また、だれが手術するのかわからない、という制度の病院より、担当医が、はっきりわかっているほうが安心ですし、責任の所在や、術後の相談などもしやすいですよね。

クリニックのイメージに振り回されずに、冷静にドクターを選びましょう。

ただし、全身麻酔が必要な大きな美容整形をする場合には、麻酔医がちゃんといるかなど、病院の設備についても調べておく必要がありますね。

8:冷静に判断するために、写真を撮る

鏡で見た姿は、真実を移しているようで、けっこう、あやふやなものです。

自分の願望や、元々持っているイメージなんかもかぶってしまいますからね・・・。

ですから、美容整形前、術後の経過など、写真を撮ってみましょう。

部分的には、OKでも、全体としてのバランスはどうなのか、とか・・・。

鏡で見ると、術後、すごく腫れているように見えても、写真で見てみたら、それほど気にならなかった、とか、写真で見ると、客観的に、冷静に見ることができますよ。

9:美容整形手術、で、終わりではない

クリニックへいって、美容整形手術をしてもらい、それで、すべてが終り、というわけではありません。

せっかく、美容整形をしても、その後のアフターフォローをしなかったために、数ヵ月後には、台無しに・・・、
なんてこともあるかも。

たとえば、脂肪吸引などは、その後のマッサージが大切だったり、ヒアルロン酸注入でしわを伸ばしても、部位などによっては、すぐに元に戻ってしまったり、より自然なしあがりにするためには、数回に分けて施術を行ったほうが良い、なんてケースもあります。

美容整形で、すべてが終わる、というのではなく、美容整形をスタート地点として、アフターケアこそが大切、そんな覚悟も必要かもしれませんね。

10:コストパフォーマンスを考えよう

美容整形でキレイになれるのなら、それは、やっぱり楽ですよね。

でも、「ココを治すために」どれくらいの費用と時間がかかり、どのくらいの効果があり、どのくらいの期間
効果が持続するのか、など、しっかり確認して、それは、自分で納得できるのか、冷静に考えましょう。

たとえば、シミをとる、といっても、いろいろな方法があります。

程度によっては、ちょっとメイクを工夫するだけで大丈夫、なんてことになるかもしれませんし、逆に、
毎回メイクのために気を使って生活しなくてはいけないのなら、シミを取ってしまったほうが、全然いい!
なんて、思うのかもしれません。いろいろな方向から、冷静に判断するようにしましょう。

以上、美容整形を失敗しないためのポイントをまとめてみました。

最近は、美容整形の技術や、美容整形に対する環境もとてもよくなってきています。

美容整形を失敗した、というケースを見てみると、結局、「納得いかなかった」ということが多いようです。
せっかく受ける美容整形なら、納得して受けたいですよね!

 



コメントを残す