【お雛様の並べ方】関西と関東で違うって知ってる??違う理由も紹介します




皆様もご存知、お雛様。
私の実家にもありました。

祖母が毎年キチンと出してくれていました。

このお雛様、関東と関西でどうやら並べ方が違うらしいのです。

我が家は全員関東で生まれ育ち、結婚しても関東です。

主人も関東で生まれ育ち、男兄弟しかいないので、私の実家で初めてまともに雛人形を見たようでした。

料理の味付けなども関東と関西で違いがありますが、お雛様の並べ方も本当に違うのか?

今回はお雛様の並べ方について調べていきます!



お雛様の並べ方!関東と関西の違いを紹介!

お雛様の並べ方に違いはあるのか?
結論から言うと違いがありました。

では、それぞれどう並べているのか紹介します。

関西の関東雛

まず関東ですが、関東で作られた雛人形を「関東雛」といいます。

関東雛の並べ方は、一段目のお内裏様は向かって左、お雛様は向かって右。

官女の持ち物の飾り方が、加銚子、盃(三宝)、長江銚子です。

仕丁の持ち物は、台笠、沓台、立笠です。

これは私も知っている並び方です。

関西の京雛

そして関西、主に京都で作られた雛人形は「京雛」といいます。

この京雛。関東雛との違いは、一段目のお内裏様が向かって右、お雛様が向かって左です。

なんと!主役の2人の位置が関東雛と反対でした。

官女の持ち物ですが、関東雛で盃(三宝)だったのが、京雛では島台をもたせています。

更に仕丁の持ち物は左から、熊手、ちりとり、ほうきです。

仕丁とは貴族の家の身の回りのお世話する人のことですが、関東雛で持たせているのが大名行列での仕丁の持ち物、京雛で持たせているのが宮中での仕丁の持ち物です。

関東と関西でお雛様の並べ方が違う理由は?

もちろん違う理由も明確にあります。

日本には「左側の方が位が高い」といった考えが古くからあります。(左方上位)

雛人形は平安貴族の姿をしています。平安時代の帝は妃の左側に座っていました。
つまり向かって右側になりますね。

これは京雛と同じです。
京雛はこのしきたりに従っています。

一方の関東雛は現在の皇室のしきたりと同じです。

明治時代の終わりから、日本でも西洋式ルールが取り入られました。

皇室も例外ではなく、現在も天皇様は必ず皇后様の右側にいらっしゃいます。

つまり向かって左側です。

立たれている時も座られている時も同じです。

テレビで見ると、確かに向かって左側に天皇様がいらっしゃいますね。

つまり

  • 関東雛→現在の考え
  • 京雛→昔の考え

ということですね!

標準的な飾り方をしっかりと守れば、どちらの飾り方でも問題はないようですよ?
どちらも正しい並べ方となっています。

生まれ育った地域の飾り方が1番しっくりくると思います。

お雛様の並べ方、関東と関西の違いのまとめ

今回はお雛様の関東(関東雛)と関西(京雛)との並べ方の違いについて調べてみました。

ちなみに雛人形のお顔も関東雛と京雛とで少し作りが違うんだとか。

同じ国が発祥のはずなのに違いが結構あるんですね。

もっと詳しく調べると並べ方以外にも違いは出てきそうですね。

主役の2人、お内裏様とお雛様の位置が逆なのが1番驚きでした!

私は関東雛しか馴染みがありませんでしたが、こういったことを子供に教えてあげるのも、きっと大切なことですよね。

まだまだの話ですが、もしかしたら娘が関西にお嫁にいってしまうかもしれないし…と考えたら少し寂しくなってきました(笑)

でも雛人形は早く片付けないと、お嫁に行き遅れるとも聞きますし、今年もひな祭りが過ぎたら早く片付けたいと思います!