半身浴では肩こり解消にならないってホント?




普段から肩こりに悩まされているとか方も現代は増えてきているようですよ。

私も肩こりに悩まされることがあり、 肩こりが原因で偏頭痛が起こることもしばしばです。

肩こりが辛いとなんとか解消できないのかと考えますよね。

そこでお風呂で半身浴をすると肩こりが解消されると、聞いたことがあるかもしれませんが、実は半身浴で肩こりが解消されないということもあるんですよ。

では肩こりの解消には、なぜ半身浴は効果がないのか、どのように入浴すると効果を期待することができるのか気になりますよね。

そこで今回は半身浴で肩こりが解消できない理由や、全身浴で肩こりを解消する方法について紹介していきます。



半身浴で肩こりが解消できないのはなぜ?

まず肩こりとなる原因として次のようなことが考えられます。

  • 運動不足
  • 冷え性
  • 姿勢

これらが原因で肩こりになることがあります。

例えば、仕事などで1日中パソコンを使用していたり、スマホなどをいじる時間が長い、高い枕を使っているなど、日頃の習慣によって肩こりは悪化していきます。

ではこの肩こりを解消するには、半身浴では解消できないと言われているのはなぜでしょうか。

まずダイエットなどで半身浴が習慣となっている女性も多いですよね。

ですが肩こりには逆効果ということが考えられるんですよ。

なぜなら肩こりは筋肉が緊張して、血行不良になっているので、 血行不良解消するには温めることが大切なのです。

ですが半身浴で体を温めることはできますが、半身浴をしている間はお湯から首や肩が出たままですよね。

すると反対に首や肩を冷やしてしまう可能性があるのです。

首や肩を冷やしてしまうと、血行不良も改善されないため、肩こりが解消されなくなってしまうんですよ。

ですから首や肩も入浴によってしっかりと温める必要があります。

そこで肩こりの解消には半身浴よりも全身浴をお勧めします。

肩こりには半身浴より全身浴!その理由と正しい入り方

上記では半身浴では肩こり解消にならない、肩こり解消のためには全身浴が良いとお話ししましたが、 なぜ全身浴の方が効果があるのでしょうか。

まずお風呂に入る目的として、体を綺麗にすると言うためだけであればシャワーだけでも十分です。

ですが、シャワーだけや、半身浴では体を冷やしてしまうこともあるんですよ。

人間の体温はたった0.5度下がっただけでも体に様々な変化をもたらします。

人間の体温が低下してしまうと、免疫機能や細胞の働きをも低下させてしまいます。

そして体が冷えることにより血行不良となり、肩こり解消のためが、反対に悪化させてしまうこともあるのです。

ですから湯船で首まで温かいお湯にしっかりと浸かり、しっかり体を温めて、体内の免疫機能を高め、さらに血行を良くして肩こりを解消するようにしましょう。

では全身浴ではなぜ肩こりの解消ができるのか分かりましたが、 どのように入力すると良いのでしょうか。

  • お湯の温度は40度以上
  • 湯船に浸かる時は肩までしっかり浸かる
  • 肩こりに効くと言われている入浴剤も使用する
  • 湯船には最低でも15分ほど浸かる
  • ストレッチをする

湯船の中で肩まで浸かったまま、肩の緊張を取り除くように、肩に力を入れた状態で3秒ぐらい上にあげます。

その後 3秒ほど力を抜くというのを5回ほど繰り返してみましょう。

マッサージをしてみる

肩こりの時は自分で肩を揉んで解消するということもありますが、脇の下の部分にある老廃物を溜めてしまう腋窩リンパというものがあります。

そのリンパを刺激して老廃物を排出し血行促進を促しましょう。

お風呂から出た後は体を冷やさないようにする

お風呂上がりには体が温まった状態のままストレッチをする

肩に力を入れずにまっすぐ立ち、 首を左右に10秒ずつ傾けます。

これを10回ずつ繰り返すだけです。

なかなかお風呂にゆっくり入れないという方も多いと思いますが、肩こりがひどい時などは特にゆっくりとお風呂に浸かって、首までしっかりと温めて肩こり解消してみてくださいね。

半身浴では肩こり解消にならないってホント?まとめ

私も普段からよく肩こりに悩まされていますが、お風呂にゆっくり浸かって肩こり解消を良くしていますよ。

肩こりがひどくなると頭痛が起こるという方も、肩こりがひどいのは生活をしていても辛いものがありますよね。

是非肩こりに悩まされている皆さんも、全身浴で体の芯まで温めて、肩こり解消してみてくださいね。