便秘の種類と特徴とは?

「便秘・ニキビ・ダイエット」は、
女性が美容・健康上の悩みの上位を占める
のだそうですね。
また「便秘」がダイエットを妨げ、
ニキビの原因となっている、という事も
あるようです。
今回は、便秘について考えて見ましょう。便秘には幾つか種類がありますが、
慢性的便秘としては、弛緩(しかん)性便秘と
痙攣(けいれん)性便秘があります。
弛緩性便秘とは大腸のぜん動運動が弱く、
大腸での便の流れが遅いため、
便の水分が少なく便が硬くなり、
排泄するのが困難になった状態を言います。
原因の一つとして、腹部などの筋力が弱く
なることがいわれています。
一般的な便秘というのは弛緩性便秘が多く、
この症状は便意が少なく、
持続的で腹痛が無いのが特徴です。
痙攣(けいれん)性便秘とは、
一般的な弛緩性便秘と反対で
大腸の運動が活発すぎて起きる便秘です。
痙攣性便秘の人の便の特徴は、
小さく硬くウサギの糞状態となり、
コロコロとした形となります。
また、持続的に便秘が続くことは少なく、
便秘と下痢が交互に発症することがあります。
ところで、なぜ便秘は良くないのでしょうか?
次回は、
便秘とは体内でどのような影響を与えるのか、
について、お知らせします。


・便秘の種類と特徴とは?
・便秘が体内に与える影響とは?
・便秘を改善するポイントとは?
・便秘を改善するオススメの方法をご紹介



コメントを残す