便秘が体内に与える影響とは?

なぜ、便秘は良くないのでしょう?
便秘になると、私たちの体内ではどのようなことが起こるのでしょうか?
便秘のとき、私たちの体内の様子を考えて見ましょう。

benpi2

私たちの体内は温度が、常に36度台あります。
つまり、真夏の酷暑ぐらい、ということですね。

腸内に食べ物のカスを溜めている、という事は体内では、夏に生ゴミを貯めている、と同じ状態になります。
腐敗・発酵が起こり悪臭状態になって当然ですね。

腸内で腐敗・発酵が起こるとアンモニア・アミン・硫化水素・インドール・フェノールなどの有害物質が生じます。

このなかには、さまざまな身体に悪影響を与える物質もあり、頭痛・肩こり・腰痛など、さらには老化を進めたり成人病を引き起こす原因にもなります。
ですから、便秘を改善して身体の中に生ゴミを溜めないことが美容と健康のためには大切な事となります。

では便秘を改善するにはどのようにすれば良いのでしょうか?
次回は、便秘を改善するためのポイントをお知らせします。


・便秘の種類と特徴とは?
・便秘が体内に与える影響とは?
・便秘を改善するポイントとは?



コメントを残す