自宅で味わう 富士宮やきそば

買い物中、全国の名産品を集めたコーナーで富士宮やきそばを見つけました。
静岡の友人宅へ遊びに行ったときに一緒に食べに行った思い出の味、懐かしくなって購入して帰りました。

富士宮やきそば

B-1グランプリで一躍有名となった富士宮やきそばは、富士宮やきそば学会によると認定に基準があるそうです。
その基準を満たした物だけが真の「富士宮やきそば」として名乗ることができるそうで、製麺業者も指定されています。

今回購入したマルモ食品工業は、もちろん認められた製麺業者です。
一般的なやきそばの麺とは違うコシの強い麺が印象的です。

現地で食べたように再現できた、はず!

袋の中には麺やソース、削り粉と一緒に「やきそばの友」と書かれた謎の袋が入っていました。
豚の背脂を絞った残りかすだそうで、これを使うのもまた富士宮やきそばの特徴だそうです。

トッピングに使う削り粉はイワシとサバの削り節に青のりが入っています。
富士宮で食べたときに「この削り粉が富士宮やきそばの大きな特徴!」と聞きましたが、それ以外にもこんなに特徴があるこだわりグルメだったと初めて知りました。
自分で作った富士宮やきそば、麺の食感も風味も普通のやきそばとは違い、とても美味しかったです。

ちなみに友人へメールしたところ、「こっちではマルモ食品の2食パックって見かけない!3食パックか5食パックだよ!!」と驚きの返信がありました。
またぜひ富士宮へ食べに行きたいなぁと思います。

富士宮やきそばは楽天でも購入できます → こちら

富士宮やきそば学会 http://www.umya-yakisoba.com/
マルモ食品工業 http://www.marumo-sh.co.jp/

コメントは受け付けていません。