アンチエイジングに必須!押さえておきたい栄養素8つとは?

老化は、どうにもならないと思っていませんか?
食生活を変えることで、健康や美容の衰えを抑えることも可能です。

 

アンチエイジングには、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランス良く摂ることが大切です。

 

アンチエイジングに役立つ栄養素と食材は、次のようなものがあります。
アンチエイジングに役立つ栄養素と食材はこちら

 

タンパク質
良質のたんぱく質、コラーゲンも豊富な鶏の手羽先は特にオススメです。
他に、納豆・豆腐などの大豆製品も良質なタンパク質の宝庫です。

糖質

血糖値が上がりにくい糖質を摂りましょう。
ライ麦パンや玄米は血糖値の上昇が緩やかなのでおすすめです。

食物繊維やタンパク質も多く含まれているので、噛みごたえもあり、満腹感も感じやすいです。

 

脂質

動物性の脂質よりも植物性の脂質を摂りましょう。
地中海沿岸で秘薬とも言われている「オリーブオイル」や「紅花油」などがおすすめです。

 

植物繊維

植物繊維は、腸内の環境を整え便秘対策にも欠かせません。
例えば、エリンギなどきのこ類に含まれる植物繊維は、加熱しても効能が失われないのでオススメ。

 

ビタミンC

ビタミンCはお肌の老化を防ぐ効果も大。
ただし、ビタミンCは熱に弱く壊れやすいので、生で食べられるイチゴやキウイ、キャベツなどで摂取するのがオススメ。

 

ビタミンA

ビタミンAは内臓や目などの保護力を高めたり、皮膚の代謝を高めるなどの効果が期待できます。
ビタミンAが豊富な食材はウナギ、レバー、チーズなど。
油と一緒に取ると効果的です。

 

ビタミンB群

ビタミンB群はエネルギー代謝を活発にして疲れを取り、肌や髪を健康にしてくれます。
ビタミンB群が豊富に含まれる食材は、卵、バナナ、レバーなどです。

 

ビタミンE

ビタミンEには、血管をきれいにして格好を促進する働きがあります。
ビタミンEを豊富に含む食材はイクラ、アーモンド、落花生などです。

 

以上、アンチエイジングに役立つ栄養素と、代表的な食材を紹介しました。
食事の基本は、栄養バランスを考えた食事を3食しっかり、よく噛んで食べることです。
「食事が未来の自分の体を作っている」ということを意識して美しい体作りを目指しましょう!

コメントは受け付けていません。