サプリメントや健康食品の危険性

健康や美容のために、サプリメントや健康食品を普段から摂っている人も多いですよね。

実は漠然としているのが健康食品という分類であり、厚生労働省に認められている健康食品であるトクホとはそこが大きく違う部分だといえます。 人気はあっても実際の効果は健康食品やサプリメントの中には思ったほどではないものもありますし、健康被害を受けるという酷いケースも有ります。

サプリメントや健康食品で健康被害がある原因はいくつかあります。 副作用の起こる要因が、サプリメントそのものということもあるといいます。 口コミなどの情報を自分がすべて信じたことによって、場合によっては自分の体質に合わないものを飲み続けてしまうこともありますね。

消費者にも原因があるケースも有り、決められた用法や用量を守らずに過剰摂取をしてしまうというものです。 サプリメントや健康食品による重い健康被害は過去から現在まで何度も繰り返されています。 例えば、アガリスク製品を摂取し続けた人が肝機能障害で亡くなられたという事実があります。 これは、中国原産のアガリスクを100%使用したもので、厚生労働省が調査に乗り出した結果発ガンを促進する働きがあるということが発見されました。

また、白インゲン豆ダイエットがテレビで話題になったときに、食中毒の症状を一部の人が過熱が足りない白インゲン豆を過剰に摂って起こしたことも過去にはありました。 摂取方法や成分によっては、サプリメントや健康食品と呼称されているものの中には健康被害を起こすことがありますので、きちんと気を付けて利用するようにしましょう。



コメントは受け付けていません。