サプリメントに関する情報のリスク

サプリメント選びでは情報の吟味も大事ですが、どんな情報を参考にサプリメントを選ぶべきかも重要なポイントです。 ほとんどのサプリメントの容れ物には、成分や原材料などが掲示されています。 製品の質を保証するだけでなく、情報も掲載されているわけです。

情報の内容を信頼して判断をするのが客側の基本的な行動です。 消費者にとってサプリメントのラベルは信用できることが前提の情報であり、虚偽の情報があってもそれを見抜くことはできません。 多くの場合、使用者に問題が確認されてからでなければわかりません。 もちろん、サプリメントには正確な情報が書いてしかるべきですが、時たま正確性が保たれていないことがあります。

インターネットなどで情報を広く収集することによって、不正確な情報に左右されて誤った判断をしていまうリスクが避けられます。 サプリメントの中には、成分表示どおりの原材料が使われているものでも、不純物が混入していることがあるようです。

サプリメントの原材料となる成分を抽出する時に、入ってしまっているものです。 日本サプリメント評議会では不純物を含まず成分表示に嘘のないサプリメントにマークをつけて情報公開をしています。 品質がよくないサプリメントを買ってしまうことのないよう、品質保証のシールは大事にしたいものです。 適切な情報を得た上で、どのサプリメントにすべきかを判断することが大事になります。



コメントは受け付けていません。