子宮内膜症(チョコレート嚢腫)について

子宮内膜症というのは結構皆さん聞いたことがあると思いますが、「チョコレート嚢腫」という言葉を聞いたことがありますか?
この「チョコレート嚢腫」は子宮内膜症と関連性があります。
この「チョコレート嚢腫」についてご説明してみたいと思います。
「チョコレート嚢腫」というのは子宮内膜症として、子宮内膜が卵巣の内部にできてしまい体外に排出が正常にされないために、古くなってしまった血液が卵巣の中に溜まってしまっている状態のことを指しています。
さらに、卵巣内にある子宮内膜が卵巣内で出血を繰り返すようになってしまうために、古い血液がさらに卵巣内に溜まってしまうことになります。
そして卵巣が腫れ上がってしまうことになります。
このような症状の病気のことを「チョコレート嚢腫」と言っています。
初期のうちは自覚症状がないために気づきにくいのですが、腹痛や腹部の棒満感などの自覚症状がでてくるようになると症状が悪化してきているということになると思います。卵巣が腫れ上がると、握りこぶしくらいの大きさにまでなるようなので見た目にも分かるようになるかもしれませんね。
また、最悪の場合には不妊症の原因になってしまう可能性もあります。
これは卵巣の全体を占めるくらいに「チョコレート嚢腫」が拡大してしまう場合もあるからです。こうなると手術や薬物治療によって治療をするしかなくなります。
こうならないためにも早めの治療を心がけるようにしなければなりません。

¥1470
¥1365
¥1260

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。