子宮内膜症の症状について

通常生理と言うのは、子宮の中にできた子宮内膜が妊娠をする準備をするために毎月増殖・剥離を繰り返しているところに、妊娠が不成立に終わったからと言って体外に排出されることを指しています。
子宮内膜症とは、この子宮内膜が子宮以外の場所、例えば卵巣や子宮の表面、卵管付近、腸、肺などにできてしまうことで、そのできた場所で子宮内膜が増殖や剥離を繰り返してしまう病気のことを言います。
通常の生理の場合には、子宮内で剥離されるために膣を通って体外に排出されるのですが、子宮以外の場所で内膜組織が剥離されてしまうと体外に排出する場所がないためにそのできた場所に溜まって行くことになり、結果的に溜まったものが血の塊になって癒着してしまうことになってしまうのです。
子宮内膜症の主な症状としては、月経に感じる時の痛みがかなり強いと言うことが挙げられると思います。
また子宮内膜症を治療せずにそのまま放っておくと症状がかなり進んでしまうために月経のとき以外でも腰痛や下腹部痛を感じてしまう場合があるようです。
また、症状を放っておくと卵管が内膜で塞がれてしまう場合があるために不妊症になるケースがあるのです。
子宮以外の場所で子宮内膜ができてしまうということは、病気だから大変だというのももちろんですがそれ以上にリスクや痛みを伴うことになるので、もし月経時やそれ以外の場合で異常だなと感じた場合は早めに婦人科を受診することをおすすめします。

¥1680
¥2590
¥2275

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。