子宮内膜症の症状と治療

子宮内膜症の症状と治療 子宮内膜症の症状と治療 子宮内膜症という病気は、放っておいても治りはしません。
放置しておけば放置しておくほど次第に悪化してくるようになります。
最初のうちは子宮の後ろ側にある卵巣の表面部分に黒い点のようなものが出てくるようになります。
これが病変ですね。
その点状のものが子宮内膜症の初期になるのだと思うのですが、月経時に合わせて出血するようになるので正常に出血していない分、下腹部や腰などに痛みが出てくるようになります。
そこで排出し切れなかった血液が卵管や腸などに固まって癒着するようになってきます。
それが進行した状態が「チョコレート嚢胞」と言って、卵巣の内側部分に古い血液が溜まって卵巣が腫れ上がってしまう状態になってしまいます。
古い血液が茶色くチョコレートの色みたいに変色してしまうことから「チョコレート嚢胞」というように呼んでいるようです。
また、卵管や腸だけでなく直腸とも癒着するようになってくる可能性もあります。
こういった場合には、性交時にも痛みがでてくるようになってしまうために、こういった症状がある人は気をつけなければならないということになります。
また、チョコレート嚢胞というものは非常に刺激に弱く破裂しやすいという特徴を持っていますのでさらに注意が必要と言うことになります。
月経時に、痛みやいつもと違った症状がでてくるようであればまず病気を疑ってみてもいいと思いますので、できれば放置せずに病院を受診していただければいいのではないかと思います。

¥6930
¥1680
¥1837

>>子宮内膜症の本は、コチラから
>>子宮内膜症と漢方

コメントは受け付けていません。